トヨタ86、2代目にゴーサイン スバルと共同開発 欧州の部門が明かす

公開 : 2019.03.25 11:57  更新 : 2021.01.28 18:11

次期型86もスバルと共同開発に

現行の86が発売されたのは2011年。スバルのBRZと共同開発されたこのクルマには、スバル製の水平対向4気筒エンジンとトランスミッションが搭載されている。

次期型もこの関係が続くことは「確かな仮定」であるとハリソンは言う。トヨタは比較的販売規模が少ないスポーツカーにかかる多額の開発コストを埋め合わせるため、他社との協業を利用している。スープラもBMW Z4との共同開発車だ。

トヨタは86のようなスポーツカーが、ブランドのイメージを高める代表的存在になることを認識している。最近、豊田章男社長はラインアップに十分な数のパフォーマンス・モデルを、特にホットなGRスポーツのラインに、揃えたいという希望を明らかにした。

86について、ハリソンは次のように付け加えた。「世界販売台数の中で占める割合はそれほど大きくありません。その役割はブランドに刺激と感情に訴える魅力を加えることにあります」

「86はその点において、明らかに成功をもたらしました。特に英国などの市場ではそれが顕著です」

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事