スモールホットハッチの傑作 ルノー・クリオRSの中古車 シンクロには要注意

公開 : 2019.05.01 07:50

クリオRSの中古車 購入時の注意点

エンジン

カムベルトとウォーターポンプは5年か走行距離11万6000km毎での交換が必須だ。オイル交換は1万9000km毎となる。エンジン自体は丈夫であり、オイル漏れや異音とは無縁だ。

冷間時にギクシャクとした動きを見せることがあるが、ソフトウェアのリマッピングにより解決可能だ。ガソリンはハイオク仕様となる。

ギアボックス

初期の197では3速と4速のシンクロがすぐにダメになるが、2速にも問題を抱えている。冷間時、動きに硬さを感じるが、温まってくればシフトの渋さも解消されるだろう。

ブレーキとサスペンション

キャリパーに汚れが付着しておらず、状態に問題がないことを確認しておく必要がある(メンテナンス不足により、ピストンとピストンピンが固着する場合がある)。

フロントのスイベルハブに不具合が生じることがあり、ステアリングをロック・トゥ・ロックで回転させた際の異音とともに、高速走行時、左右どちらかに引っ張られるような感覚がないかを確認しよう。

サスペンションのスチールとアルミニウム部分の腐食により、固着が発生するため、ワイヤーブラシとシリコンスプレーでのメンテナンスが欠かせない。

ステアリングアームが摩耗することで、フィールが曖昧になる。フロントサスペンションからの異音に注意が必要だ。

シャシーとボディ

リアサブフレームと、フロントではラジエーターサポートに酷い錆が発生することがあり確認が必要となる。ボディパネルの隙間を精査することで、パネル交換と塗装時のオーバースプレーを確認することができる。

バルブ交換にはフロントバンパーを取り外す必要があるため、ヘッドライトが正常に機能するかもチェックが必要だ。

インテリア

運転席サポート部とシフトレバーには摩耗が、ステアリングホイールではレザーの剥離が発生しやすい。ステアリングのガタツキは、少なくとも197に共通する症状だが、200のほうが組立品質は高い。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ルノーの人気画像

×