子どもにはもったいない? 高額ペダルカー3台が出品 細部にこだわり

公開 : 2019.03.29 12:13

7段変速ギアと油圧式ディスクブレーキ装備も

イタリア車の方が(あなたのお子さんは)好みだろうか? 同じオークションには、アルファ・ロメオ8Cの子ども用ペダルカーも出品される。こちらは木馬の販売で知られるスティーブンソン・ブラザーズ社がハンドメイドしたものだ。

赤く塗られたアロイ合金製ボディとブラックのグリルは、確かにアルファ・ロメオの名車に見える。さらに黒いビニール張りのシートと、小さなレーシングスクリーンを装備し、ボンネット・ストラップも付くなど、細部にもこだわった作りになっている。オークションで手に入れるためには1000〜1500ポンド(約15万〜22万円)ほどが必要になる見込みだ。

しかし、3台の中で最も高価なのは、実車の半分ほどの大きさのシルバー・アローだ。落札価格は2700〜4500ポンド(約39万〜66万円)と予想されている。

アウトウニオン・タイプCを模したこのペダルカーは、2008年に999台がクアトロ社によって製造された。今回のオークションに出品される車両はその169台目だ。ハンドメイドのスペースフレーム・シャシーに、アルミニウム製ボディが載っている。

ペダルを一所懸命に漕げば、チェーンを介して後輪に駆動力が送られる。7段変速ギアを装備し、油圧式ディスクブレーキでしっかり減速することもできる。

シートはブラウンの革張り。着脱可能な4本スポークのステアリング・ホイールとハンドブレーキも装備されている。

ボナムスのオークションは4月7日、2019グッドウッド・メンバーズ・ミーティングで開催される予定。こちらのギャラリーではわれわれが気に入った15台の出品車両を見ることができる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

オークションの人気画像