スズキSX4 Sクロス 衝突被害軽減ブレーキ/アダプティブクルーズコントロール標準化

2019.04.10

スズキの小型SUV「SX4 Sクロス」が改良を受けました。衝突被害軽減ブレーキ、ACCなどが標準装備化されています。商品力の高まったコンパクトSUVをご紹介しましょう。

スズキのコンパクトSUV 安全装備を充実

スズキは、クロスオーバーモデルの小型乗用車「SX4 Sクロス」の仕様を一部変更し、安全装備を充実させて発売した。

今回の一部仕様変更では、

・衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートII」
・フロントシートSRSサイドエアバッグ
・SRSカーテンエアバッグ
・アダプティブクルーズコントロール

などを新たに標準装備化して安全装備を充実させた。

「SX4 Sクロス」は、力強く迫力のある外観に、広い居住空間としっかり積める荷室スペースを備えたパッケージング、しなやかな走りを実現する足まわりなどを特長とするクロスオーバーモデル。

4WD車には、新世代四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」を採用。様々なシーンで走破性と走行安定性を発揮し、日常からアウトドアまで幅広い用途に対応する。JC08モード燃費は、2WD(前輪駆動)車が16.2km/ℓ。4WD車が15.2km/ℓだ。

なお「SX4 Sクロス」は、ハンガリーの子会社であるマジャールスズキで生産し、日本で販売される輸入車となる。

「SX4 Sクロス」の主な仕様変更点

ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートII」
フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ
アダプティブクルーズコントロール(作動速度域は約40km/h〜)
助手席シートベルトリマインダー
エマージェンシーストップシグナル
フロント2ツイーター&リア2スピーカー

価格は2WD車が214万560円。4WD車が235万6560円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース