あまり売れないスポーツカー メーカーが用意するワケ 情緒と技術向上が関係か

公開 : 2019.05.17 20:10  更新 : 2021.10.22 10:17

スープラが発表された今日、AUTOCARは、ふと考えました。なぜあまり売れないスポーツカーを、自動車メーカーはラインナップするのか。渡辺陽一郎が深掘りしました。

text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎)

もくじ

「造りたい」という思いで開発するのがスポーツカー
プレミアムブランドにとって情緒的な価値の表現手段
スポーツカーがあると技術水準も高まる?

「造りたい」という思いで開発するのがスポーツカー

日本では以前から「スポーツカーが売れない」といわれていたが、同じようなことが海外にも当てはまる。

例えばフォードマスタングシボレーカマロは、初代モデルに回帰したようなデザインでカスタマーにアピール。初代を運転した経験があったり、憧れた世代をターゲットにしている。

フォルクスワーゲンは、スポーティクーペを扱わなくなった。

しかしその一方で、トヨタは新たにスープラを発売した。スポーツカーは欧州のプレミアムブランドでも健在だ。そこでスポーツカーを手掛ける開発者に、存在理由を尋ねた。

「スポーツカーは理屈ではありません。メーカーの造りたいという思いで手掛ける商品なのです。ほかの大量に売れる車種で利益を上げて、スポーツカーを開発するという見方もできるでしょう」

「その意味では、F1に似ているかもしれませんね。そしてスポーツカーを造りたい気持ちは、そのままにしておくと、時間の経過に従って薄れてしまうもの。だからスポーツカーは、継続的に造り続けないといけません」

クルマは実用的な移動のツールだが、自分が一体化できる対象でもある。例えば狭い道で両脇に路上駐車したクルマが止まっている時など、ドアミラーと障害物の間隔を1cm程度まで詰めて通り抜けられる、といったように直感的に運転できることも多い。この時には、ドライバーの肩幅が、感覚的に車両の全幅に拡大されているわけだ。

モーターサイクルにも当てはまるが、このような一体になれるツールは特殊で、ドライバーが感情移入しやすい。クルマ好きが集まるメーカーも同じなのだろう。

もちろん商品である以上、利益を上げることが求められるが(稀に利益を無視したスポーツカーもあるが)、市場戦略よりも気持ちが先に立つ商品だ。

記事に関わった人々

  • 渡辺陽一郎

    Yoichiro Watanabe

    1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年間務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向した。「読者の皆様にケガをさせない、損をさせないこと」を重視して、ユーザーの立場から、問題提起のある執筆を心掛けている。買い得グレードを見極める執筆も多く、吉野屋などに入った時も、どのセットメニューが割安か、無意識に計算してしまう。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像