ダイソン製新型EV 特許情報が公開 革新的アイデアがずらり

公開 : 2019.05.22 11:40

商品性

5m級のボディを持つ7シーターモデルであり、非常に高価なバッテリーを搭載し、特別なホイールとサスペンション、さらにはブレーキを備えることを考えれば、間違いなくこのクルマはプレミアムなモデルになるだろう。

ダイソン自身が自社の新型EVについて語るとき、レンジローバーやテスラに言及しているとおり、アストン マーティンの元チーフエンジニアであるイアン・ミナーズを迎え入れ、BMWで上級副社長を務めたイアン・ロバートソンを取締役として招聘したのは、少なくとも価格面においては、こうしたモデルがライバルだということであり、単なる予想ではあるが、おそらくその価格は10万ポンド(1401万円)ほどになると考えられる。

この新型EVは全世界での販売が予定されており、中国では多くの注目を集めるに違いない。生産台数についての発表はないが、開発コストを考えれば、希少なハンドメイドのスペシャルモデルのような規模に留まることはなく、ダイソンのブランド力と、いままでにない、先進的で高品質な製品を創り出すメーカーとしての評価は、間違いなくこの新型EVにもプラスに働くに違いない。

今回公開された特許情報で明らかとなったすべての情報が、高い信頼性と、長く続く革新性を備えた高級EVの登場を示唆しており、この予想が正しかったことが証明されるのを、楽しみに待ちたいと思う。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事