ケーニグセグ、新型スーパーカーは最安価モデルに V8+電動化か AUTOCAR予想図

公開 : 2019.05.20 11:40

新スーパーカー 約1億円に

同社の中期計画には70万〜80万ポンド(約9800万〜1億1200万円)の新型スーパーカーを生産・販売することが含まれている。この価格帯は、現在のラインナップで最も安価なモデルであるレゲーラの半分以下だ。

新型スーパーカーは2年前から開発が行われているが、NEVSとの提携は開発ペースを引き上げることが可能になり、2020年の前半には発表できる見込みとなった。

正確なスペックはこれから明らかになるが、おそらく実績のある5.0ℓV8ツインターボ・エンジンに、何らかの電動化を組み合わせたものになるだろう。

それと合わせて、ケーニグセグが傘下に収めるフリーバルブAB社が開発したフリーバルブ・システムも採用されると考えられる。この技術は吸気および排気バルブを、カムシャフトを使わずに自在に制御できる。それによって燃料消費と排出ガスを削減し、パフォーマンスを向上させることが可能になるのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ケーニグセグの人気画像