メルセデス・ベンツ、Eクラス・サイズの新型EV「EQE」市販化 2022年発売

公開 : 2019.05.24 11:20  更新 : 2021.04.27 07:07

全長はEクラスより短く、室内はSクラス並み

EQEは、最近受注が開始されたEQCや、来年発表されるEQAEQV、フラッグシップのEQS、最近確定されたEQBに続いて、ショールームに並ぶことになる。

2021年に発売が予定されている、より豪華で大型のEQSと同様に、EQEもMEAと呼ばれるメルセデスが新開発した電気自動車用プラットフォームを採用するはずだ。

この広範囲にアルミニウムが使われたプラットフォームによって、将来のEQモデルはパッケージングの自由度が高いフラットなフロアが与えられ、メルセデス内部関係者の言葉によると「クラストップの広い室内空間」を実現できるという。

関係者の1人は次のように語っている。「EQEは現行のEクラスより全長が短くなるが、室内は現行Sクラスに比肩する」。

われわれの作成した予想画像のように、EQEのスタイリングは近々フェイスリフトが施されるEクラスを進化させたものになるだろう。空力や効率を重視したデザインになるはずだ。

他のEQモデルのラインナップと共通性のあるフロントフェイスが適用されるが、路面状況によって自動的に調節されるサスペンションによって、着座位置は低くなると思われる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×