トヨタ/スバル EV専用プラットフォーム、電気自動車のSUVを共同開発へ

公開 : 2019.06.06 13:50

トヨタ/スバルが、新たな共同開発を発表。EV専用プラットフォーム(中・大型乗用車向け)を開発し、Cセグメント・クラスのSUVも共同開発するといいます。

CセグSUVを共同開発

トヨタとスバルは、中・大型乗用車向けのEV専用プラットフォーム、およびCセグメントクラスのSUVモデルのEVを共同で開発することに合意した。開発した車両は、各々のブランドで販売する予定だという。

また、これらのプラットフォーム/車両の共同開発においては、トヨタが仲間づくりに取り組んでいる電動化技術とスバルが長年培ってきたAWD(全輪駆動)技術を活用するなど、両社の持つ技術の強みを持ち寄ることで、EVならではの魅力ある商品づくりにチャレンジしていくとしている。

トヨタとスバルは、2005年に業務提携について合意して以来、2012年には共同開発したFRスポーツカー「トヨタ86」「スバルBRZ」を販売し、2018年にはトヨタの持つハイブリッド車技術に関する知見を活用して、スバルオリジナルのプラグイン・ハイブリッド車「CROSSTREK HYBRID(クロストレック・ハイブリッド)」を米国で販売するなど、開発・生産・販売など様々な分野での協業を深めてきた。

自動車業界は100年に一度といわれる大変革期の渦中にあり、両社はコネクティッド、自動化、シェアリング、電動化といった「CASE」と呼ばれる新しい領域への対応をはじめ、これまで以上に広い領域において、スピード感を持った技術開発が求められている。今回の合意は、これまでの両社が深化させてきた協業の中でも、特に対応が急がれるCASE領域の中の「E:電動化」への新たな協業に合意したもの。

EV専用プラットフォームは、CセグメントからDセグメントクラスのセダン、SUVなどの複数車種への幅広い応用や、効率的な派生車開発にも対応できるよう開発していくという。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事