バットモービル BMW CSL 169台のキャブレター仕様 M社を象徴するクーペ

公開 : 2019.06.09 11:50  更新 : 2020.12.08 10:40

BMWモータースポーツの起源

現在ではE9型のファンにとって、キャブレターのCSLは垂涎の的ともいえるクルマだが、新車当時は販売に苦労していた。ホモロゲーション取得のために生み出されたクルマとはいえ、レースに参戦しようというひとは限られていたからだ。薄い防錆処理にバンパーやエアコンも備わらず、標準モデルよりも堅牢さや快適性で劣っているのに、価格は高かったのだから無理もない。

現在、貴重で純粋なCSLを目にできるクルマの殆どは、コレクターが所有していたものだと考えていいだろう。BMW M1はBMWモータースポーツ社、現在の「M」社の正式な初めてのレースカーではある。しかしその歴史を刻み始めたクルマは、このキャブレター仕様の3.0CSLだといえる。

BMW 3.0CSLキャブレター(1971年〜1972年)のスペック

価格 新車時7500ポンド(108万円)/現在20万ポンド(2900万円)以上
全長×全幅×全高 4658✕1676✕1351mm
最高速度 212km/h
0-100km/h加速 7.2秒
燃費 5.3〜7.0km/ℓ
CO2排出量
乾燥重量 1165kg
パワートレイン 直列6気筒2985cc
使用燃料 ガソリン
最高出力 182ps/6000rpm
最大トルク 25.9kg-m/3700rpm
ギアボックス 4速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事