SVO版に試乗 レンジローバー・ヴェラールSVオートバイオグラフィ 生涯の友

公開 : 2019.06.28 10:10  更新 : 2021.04.13 18:04

550psの4輪駆動に大径ブレーキディスク

ヴェラールSVADに搭載されるエンジンは、JLR自慢の5.0LスーパーチャージドV8エンジン。最高出力は550psで最大トルクは69.2kg-mと、肉食系としては不足ない。8速ATとパーマネント4輪駆動システムが組み合わされる。

例によって各ドライビングモードに加えてトラクション・コントロールやヒルディセント・コントロールなどが走りを支えてくれる。まだ標準のヴェラールに搭載されるエアサスペンションは体積が小さくなり、スプリングレートを高めることで、車高調整式ながらスポーティさを高めている。

SVADには21インチという大きなホイールが標準装備。SV仕様の大径ブレーキディスクが取り付けられており、これより小さなホイールは履くことができない。だが、22インチのホイールは選べる。ランドローバー側としては、比較的条件の悪いオフロードでのホイールへのダメージを考えて、21インチを推奨している。21インチも22インチも鍛造となり、鋳造と比較して強度が高いうえにホイール単体で2.5kgの軽量化につながるという。バネ下重量の軽量化は効果的で、乗り心地の改善にもつながる。

そのほか、クルマを構成する主要な部分も、AVオートバイオグラフィ仕様に改めてある。先出のレートが高められたエアサスペンションの他に、ステアリングや4輪駆動システム、アクティブ・リアロックデフ、8速ATなど。可変ダンパーやアンチロールバーも見直された。実際に走らせてみると、その違いは明確になるはず。

インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)と呼ばれる先進的な駆動配分システムも搭載。運転状況に応じて、リアタイヤへすべてのトルクを分配することも可能となる。SVADに採用されたセッティングは、より多くのトルクを長時間後輪へと伝達するようになっており、FペースSVRのものよりもバランスが取れていると思う。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事