東京モーターショー 海外メーカー相次ぐ不参加なぜ? 大きな課題 変わる役割

公開 : 2019.07.01 19:54  更新 : 2019.07.02 14:02

他国に比べて多いディーラー数 独自路線も

「とても寂しいと感じていますが、以下の理由により仕方ないと思う部分もあります」

「日本は他国に比べてディーラー数が多く、モーターショーにわざわざ行かなくても最新のクルマが気軽に見られる環境が整っています。ネットで最新情報をチェックするユーザーも増えてきました」

「ジュネーブやフランクフルトなど世界で多くのモーターショーが開催されているため、各社は日本以外のモーターショーに費用を使いたいと考えています」

「日本はモーターショーに参加しなくても大きな影響がない市場と判断されたのです。(格付けが下になった)」

「また、各社の日本法人も費用を独自イベントなどで使った方が有効的と考えるようになりました」

「以上の理由のスパイラルで、今後参加を取りやめるブランドが増える可能性が高い。そして、さらに来場者数が減少してしまう展開が予想されます」(ヤナセ広報宣伝室)

確かにヤナセあつかいのクルマに限らず、独自イベントを発表する海外ブランド車は増えつつある。

ポルシェジャパンも今年は11月~約1カ月の期間にモーターショーに代わる独自イベント「scopes Tokyo」(仮)の実施を発表している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×