ディエップ産のダイヤモンド アルピーヌ・ルノー3台比較試乗 A110/A310/GTA

公開 : 2019.07.21 07:50  更新 : 2021.05.13 12:00

荒々しいが上質

ノンパワーのステアリングのフィーリングは素晴らしく、乗り心地は優しく、性能は劇的だ。初期のものに存在したターボラグが克服されたアルピーヌは、驚くべき速度で地平線に向かって疾走する一方、驚異的なグリップのおかげで、ベンドをものすごく容易に抜けることができる。

これは猛烈に速く、有能な2+2シーターであり、このクルマの良さを知った人の数が、当時、あまりにも少ないのはとても不公平だ。アルピーヌは、キザか? ペテン師だって! ポルシェを買うのも良いだろう。だが、この大陸横断特急のような素晴らしいスポーツカーを逃すことになる。

洗練されたGTAに乗った後では、クリスピン・フォースター氏のA110は、騒々しく、荒々しいフーリガンだ。80年代の同じアルピーヌと並べると、さらに小柄だが、体格に似合わないパンチ力を備えている。急加速すると、ゴルディーニ「4気筒」エンジンはしわがれたうなり声をあげ、最初のコーナーに差しかかると、世間がアルピーヌにこれだけ騒いだ理由がわかるだろう。

アクセルを床まで踏み込むと、A110はうなり声をあげ、ベンドを見事なペースで曲がり、アドレナリンによる信じられないような興奮に景色が非現実的にぼやけ、横を流れていく中にあっても、ステアリングは情報を驚くほど的確に伝えてくる。それは本当に驚異的でありながら、どこまでも上質な体験だ。曲がりくねった山道でこれほど感動的なクルマを他に想像することは難しい。

そのうえ、田舎のコーナリングを楽しむ気分でないのであれば、クルマを駐車し、絶妙な形状と非の打ち所のない細部を愛でれば良い。リアウイングの上部にクロームメッキのバーを取りつけた優美なインテークから華やかで実用的なダッシュボードまで、A110のあらゆるパーツが印象的だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事