メルセデス・ベンツGLAのスタイルはトーンダウン

公開 : 2013.06.14 12:10  更新 : 2017.06.01 02:16

メルセデス・ベンツGLAは来年発売される予定で開発が進められているが、ニュルブルクリンクのテストから、そのスタイリングがトーンダウンしていることがわかった。

コンセプトGLAは、4月の上海モーターショーでデビューを果たし、概ね好評を得た。しかし、情報筋は、コンセプト・モデルは「誇張された」スタイリングで、プロダクション・モデルはAクラスにインスピレーションされた大人しめのスタイルになると話していた。このニュルブルクリンクでのスパイ・ショットはそれを裏付けるものである。

確かにフレアーは和らげられているものの、それでも他のメルセデス・ラインナップよりは丸いボディを持つ。

GLAはアウディQ3BMW X1レンジローバー・イヴォークをライバルとする。そのベースはAクラス、Bクラスと同じFWDのMFAプラットフォームとなる。全長4383mm、全幅1978mm、全高1579mm、ホイールベースが2699mmだ。

標準的なエンジンは4気筒のガソリンとディーゼルで、GLA45 AMGは4WDと335bhpのターボ付き2.0ℓを搭載する。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツの人気画像