試乗 日産リーフe+ 62kWhバッテリーに217psモーター 手強いライバル登場が迫る

公開 : 2019.07.23 10:10

BMW i3より500kg近く重いリーフe+

コーナリングも心地よいフィーリングがあるわけではない。進入速度を高めるとブレーキング時のノーズダイブが大きくなり、感触に乏しいステアリングを切り増していくと、ボディロールも一方的に大きくなってしまう。

このような挙動の要因は、車重の重さにある。標準バッテリーの50kWグレードより、62kWhのバッテリーを搭載するリーフe+は150kgも車重が増加している。コナ・エレクトリックよりだいぶ重いだけでなく、運動性能で勝るBMW i3と比較すると、500kg近くも重たいのだ。

反面、EVを購入するひとは都市部での走行が中心だと思うが、小さな起伏やスピードバンプなどを乗り越えた際の滑らかさでは、BMW i3よりも優れている。充分に上品だといって良い。むしろリーフのターゲット層の場合、クルマの限界領域まで攻め込むひとはほとんどいないはず。穏やかに走らせている限り、不満を抱くことはなさそうだ。

そもそも日産リーフを、ホットハッチなどと並べて比較することは日産も想定していないだろう。だとしても、せっかくハイパワーなモーターを搭載したことを、活かしきれていないように思う。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事