英国版 短命に終わったモデルたち(1) 販売期間5年〜4年

公開 : 2019.07.27 05:50  更新 : 2021.03.05 21:35

プジョーRCZ(2010年~2015年)


発売以降、この美しいクーペに積極的なセールスプロモーションが行われることはなく、その結果、不幸な結末を迎えている。

さらに、本来スポーツカーと呼ばれるべきこのモデルが、商用モデルのプジョー・パートナーとシトロエン・ベルリンゴ・パネルバンと同じプラットフォームを共有しているというのも興醒めだった。

なぜ、こんな過ちを犯してしまったのだろう? それでも、ハイパフォーマンスバージョンのRには、英国版Autocar編集部内にもファンがいる。
――何台残ってる?:約1万1500台
――いくらで手に入る?:それなりのコンディションの個体が5000ポンド(67万円)から、Rの場合は1万ポンド(134万円)以上が必要だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×