FFベース4輪駆動の功と罪 初試乗 BMW 1シリーズM135i 4気筒ターボは306ps

公開 : 2019.07.25 10:10  更新 : 2019.07.25 10:16

インテリアの質感はメルセデス・ベンツAクラス以上

コーナの後半からパワーを掛けていくと、フロントタイヤのLSDがアンダーステアを抑制してくれる。しかしリアタイヤへ伝わるトルクは最大でも50%で、リア側は通常のデファレンシャルギアということもあり、BMWはひたすらステアリングの向きの通り、真っ直ぐに突き進む。ドラマ性といえば、引き締まったステアリングに伝わってくる、太いトルクの感覚だけだ。

間違いなく大陸間を速く走り抜けることができるだろうし、マルチリンク・サスペンションのリアタイヤが支える運動性能も高い。しかし、BMWはらしいとはいえない感覚だ。先代のM140iが備えていた、純度の高いドライバビリティとの引き換えに、BMWがM135iに与えたレイアウトと様々なシステムは、等比でのトレードオフとはいえない。

クルマの他の部分はどうだろう。全体的に1シリーズは先代よりも良くなっている。ボディサイズは全長が5mm短くなった一方で、全幅は34mm、全高は13mm大きくなっており、車内は広い。後部座席のレッグルームは33mm広がり、ラゲッジスペースも380ℓと、クラス内では競争力の高い数字となっている。だが、スタイリングは好みの問題もあると思うが、MPVのようにスポーティさが薄まった感もある。

インテリアの雰囲気も高級感が増した。左右に気持ちよく伸びるダッシュボードのデザインに、彫りの入った金属調のベンチレーションノブ。全域に渡ってソフト加工が施された、プラスティック製のパネルやパーツなどは、メルセデス・ベンツAクラス以上の質感を得ている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

BMWの人気画像

×