メルセデス・ベンツの電動高級セダン「EQS」 テスト車からプロポーション判明

公開 : 2019.07.29 11:10  更新 : 2021.04.27 07:08

市販モデルに近づいたと思われるメルセデス・ベンツEQSのテスト車が目撃されました。カモフラージュ柄のシートで覆われているものの、全体的なスタイルは、ほぼ明らかに。

もくじ

従来のSクラスに相当する電動高級セダン
各2基のモーター、前輪と後輪を駆動
CLSに似た4ドアクーペ風スタイル

従来のSクラスに相当する電動高級セダン

メルセデス・ベンツは、テスラ・モデルSやポルシェ・タイカン、次期型ジャガーXJに対抗するため、新型電動セダンのEQSを開発している。

その量産モデルに近いと思われるテスト車両が、初めて公道で目撃された。

メルセデスの電気自動車サブブランド「EQ」のラインアップに加わるこのEQSは、中型SUVのEQCやファミリー向けハッチバックのEQAに続いて、2021年に発売される見込みだ。

発表によると、EQSの「S」という文字は、同社の伝統的な高級車として名高いSクラスに倣ったもので、豪華さや快適さ、機能的な完璧さを備えていることを意味するという。

さらに、EQサブブランドの開発チーフを務めるミヒャエル・ケルツは、2020年代半ばまでに10車種の電気自動車を揃えると語っている。

各2基のモーター、前輪と後輪を駆動

EQSは、前後のアクセルに1基ずつ、合計2基の電気モーターを搭載するフルタイム四輪駆動になる。

同様のセットアップを持つEQCは、2基のモーターが合計で最高出力408psと最大トルク78.0kg-mを発生する。

EQCのリチウムイオン・バッテリーは80kWhだが、EQSでは90kWh程度に増やされ、航続距離は400kmから500kmの間になる見込みだ。

メルセデスはEQSの生産を、シュトゥットガルト郊外のジンデルフィンゲンにある主力工場で行うことを認めている。

なお、EQCはGLCと同じブレーメンの工場で、EQAはメルセデスのコンパクトカーが作られているラシュタット工場で生産される予定だ。

さらにEQのラインアップには、GLBをベースにしたEQBも加わることになっている。EQCの下に位置づけられるこの電動SUVは、フランスのハンバッハにあるスマートの工場で生産される。

次項でEQSのスタイリングを観察してみよう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事