試乗 メルセデス・ベンツBクラス新型 サイズ/パッケージ/日本価格を評価

公開 : 2019.07.29 20:10  更新 : 2019.07.29 20:23

後席は? 家族でも寛げる内装

実際に乗ってみると寸法面のアドバンテージだけでなく、見晴らしや乗降性など後席乗員への配慮が利いている。Aクラスの後席がダメとは思わないが、Bクラスに比べると乗せてもらっている感が強い。カップル同士でも中高以上の子供がいる家族でも寛いだ車中のコミュニケーションを楽しめる設計である。

もちろん、ミニバンやハイト系のようにユーティリティが売りのモデルではない。だからワゴン相当というわけだ。こういったファーストカーとしての要求を4.4m強の全長でバランスさせているのがBクラスなのだ。

試乗モデルは1.4ℓダウンサイジングターボを搭載するB180。レーダーセーフティパッケージを始め主要OPを装着。ちなみにOP総額は110万円強。必須OPとなる全車速ACCや走行ライン制御LKA、半自動型車線変更支援等がセット装着されるレーダーセーフティパッケージとMBUX対応のナビゲーションパッケージを合わせたOP価格は約43万円なので、430万円辺りが実質的なスターティングプライスである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事