BMWの電動SUV「iネクスト」、X5と同時撮影 違いは車高 新型EVのプロトタイプ

公開 : 2019.07.30 06:40

見えた、多角形ステアリングホイール

スパイカメラマンは、プロトタイプ車両の内装を撮影することにも成功した。多角形ステアリングホイールがしっかりと写っている。車内のそれ以外の部分には依然としてカバーが掛けられている状態だ。

ドライバーが運転に注意を傾けることから解放される初のBMWになると伝えられているiネクスト。この新しいステアリングホイールは、高度な自動運転モードと、人間によるドライビングを容易に切り替えられるようにデザインされたものと想像できる。これより前、今年はじめに公開された公式画像には、カーブしたインストゥルメント・ディスプレイが写っていた。

BMWのレースカーから着想を得たこの新ステアリングホイールは、上部と下部が平らになっている。従来の一般的な円形ステアリングホイールよりも、舵角が判別しやすいようにデザインされているのだ。

「ドライバーが機械からクルマの運転を引き継ぐ際、見ても触っても瞬間的に舵角がわかる」とBMWは述べている。

この斬新な多角形ステアリングホイールは、カーブしたインストゥルメント・ディスプレイとともに、「新たなインテリア・デザインを開拓する」とBMWは言っている。

iネクストの電動パワートレインは、2020年に発表予定のBMW i4と多くを共有すると思われる。i4の航続距離は400kmとなる予定だが、iネクストには、さらなるバッテリーを搭載するスペースが与えられているため、将来的にはさらに航続距離の長い仕様が登場することも期待できる。

BMWの「テクニカル・フラッグシップ」となるiネクストは、2021年に量産が始まる予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事