5.2ℓV12の直接的な魅惑 アストン マーティンDBSスーパーレジェーラ・ヴォランテ 試乗

2019.08.01

サマリー

アストン マーティンのフラッグシップを絢爛に飾るヴォランテ。実際の販売台数以上にクーペボディの素晴らしさは健在ながら、屋根を開いた時に得られる5.2ℓV12の直接的な魅惑は相当に強力でもあります。スペイン・タラゴナで評価しました。

もくじ

ソフトトップ量産モデルとして最速の339km/h
100kg増加もボディ剛性の悪化は5%
静止状態から7秒以下で160km/hに到達
V12のパワーと存在感を直接的に体感
アストン マーティンDBSスーパーレジェーラ・ヴォランテのスペック

ソフトトップ量産モデルとして最速の339km/h

ヴォランテではない、クーペボディのアストン マーティンDBSスーパーレジェーラの評価は極めて高かった。このクルマはその上を行くのだろうか。

鮮やかなオレンジ色のボディにも目が引かれるが、アストン マーティンがDBSスーパーレジェーラに対して行ったのが、クーペボディのオープン化。ガンバストップがリアデッキの上に収納されていても、ボンネットの下には725psを発生するV型12気筒のツインターボエンジンが収まり、トップスピードは339km/hに及ぶ。目下販売されているソフトトップの量産モデルとしては、最速のクルマとなっている。

素敵なヴォランテの価格は、コントラストが鮮やかなステッチやコンポジット・カーボンファイバーなど、諸々を含めて24万7500ポンド(3366万円)。フェラーリ812スーパーファストにオープンボディが追加されない限り、明確なライバルは存在しないといえる。ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスターより5万ポンド(680万円)安く、新しいベントレー・コンチネンタルGTCと比べると、同じく5万ポンド(680万円)ほど高い。屋根をカットしたことでDBSクーペから2万3500ポンド(319万円)ほど上乗せになっている。

クルマの前半部分は基本的にクーペと同じ。巨大なグリルが口を開ける、カーボンファイバー製のクラムシェル・ボンネットや、ダブルウイッシュボーン式のサスペンションなどはそのまま。しかし、開閉式のルーフ機構を搭載するために、大容量のパーティキュレートフィルターの位置を変更し、78ℓの燃料タンクの向きも改められている。

 
最新試乗記

人気記事