ヒルクライムの相棒 1971年式TVR 2500 保険金で兄から買った 前編

公開 : 2019.08.10 07:50  更新 : 2021.02.17 17:44

「エンジンは固着していました。ピストンを取り外す方法は、頑丈な棒で突き押す以外ありませんでした」 TVR 2500のオーナーは恋に落ち、5年間の思いを成就させ、レーシーに手を加えたマシンでヒルクライムを楽しんでいます。

もくじ

学生時代ともに過ごしたスピットファイア1500
ロンドンで自動車通勤を楽しんだTVR 2500
リビルトを決意し実家の街のガレージに
硬い棒を突き刺して抜いたピストン

学生時代ともに過ごしたスピットファイア1500

お気に入りのクルマには、往々にして何か特別な感情を抱き、深い思い出が生まれるものだ。早起きして思うがままにクルマを走らせた興奮。延々と長距離をともにしたドライブなどは、一生忘れられないものになったりする。思い出に気持ちが掻き立てられ、記憶のクルマにもう一度乗りたいと振り返る読者もいるはず。クルマを再度手に入れて、丁寧にレストアする機会に恵まれたのなら、と憧れることもあるのではないだろうか。

マーク・「ハンク」ハンキンズが初めて乗ったクルマはトライアンフ・スピットファイア。蜜月の日々を数年過ごした後に盗難にあってしまう。そのかわりに保険金で手に入れたのが、1971年式の TVR 2500だった。兄弟から購入したクルマで、大切に乗っていたものの故障。いつの日か修復するつもりで、英国製部のコーンウォールの倉庫に保管した。

トライアンフと、トライアンフのエンジンを搭載したクルマと彼との結びつきは、父親にまで遡る。「父はサリートップ(脱着式ルーフ)のトライアンフTR4に乗っていました。兄弟でクルマに乗り込んで、旅行に出かけたものです。わたしのスピットファイア1500は、兄のジョンから買ったクルマで、サビが酷く、運転するまでにかなりの修復が必要でした」

「当時17歳の自分にはとても楽し作業でしたし、クルマも最高でした。5年間乗って、そのクルマで少し離れたファルマスの美術学校へも通いました。最終学年の奨学金で再塗装もしたんです」 と振り返るハンク。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×