パガーニ、新型ハイパーカー 「ウアイラBCロードスター」とは 邦貨3.7億円

公開 : 2019.08.01 05:30

パガーニが、新型ハイパーカーを発表。「ウアイラBCロードスター」と言います。その価格は邦貨換算3.7億円。画像18枚でご紹介しましょう。

カーボン・チタニウムも採用

パガーニは、ウアイラBCロードスターを発表した。脱着式ルーフ、出力アップしたエンジンを搭載する新型ハイパーカーである。

フェラーリ・コレクターとして知られたベニー・カイオラは、パガーニの最初の顧客でもあった。カイオラの功績を伝えるために「BC」の名を冠したロードスターは、2016年に公開されたクーペ仕様のウアイラBCに続いての登場。

通常のロードスターよりも30kgを軽量化したBCは、車重が1250kgしかない。ストラクチャーは、カーボンファイバーに加えて、希少なエレメントを採用しており、軽く強固なカーボン・チタニウム複合素材も使用している。

エアロダイナミクスに関しては、空力パーツと巨大なリアウイングにより、280km/hで走行中のダウンフォースが500kgに達する。

また、エグゾーストの触媒に隣接して設置されたフラップによって、(F1マシンのブロウン・ディフューザーのように)排気を利用してダウンフォースを増強できるのも特徴だ。

ウアイラ・ロードスターのスタイリングは、20年前に公開されたゾンダのプロポーションを思い起こさせる。しかし、BCの細部は進化を遂げている。例えば、金属が剥き出しのシフトセレクターは内装のハイライトとして見逃せない。コストよりもデザインを優先するパガーニならではの作り込みなのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

パガーニの人気画像