新型ダイハツ・タントに試乗 ホンダN-BOXとどっちを選ぶべき? タント優勢か

公開 : 2019.08.02 19:10

国内販売1位のN-BOXと比べてどうなのか

居住空間の広さは両車とも互角だが、シートの座り心地はN-BOXが優れる。背もたれと座面に十分な厚みを持たせたからだ。内装もN-BOXが上質だ。

荷室の広さと積載性も、N-BOXが優れている。N-BOXは燃料タンクを前席の下に搭載して、路面からリアゲートの開口下端部までの高さを470mmに抑えたからだ。新型タントの580mmに比べると大幅に低く、N-BOXなら自転車を積む時も前輪を大きく持ち上げる必要はない。

その一方で乗員の乗降性や車内の移動性は新型タントが勝る。先に述べた通り左側ドアの開口部がワイドだから、乗降性が優れている。運転席と助手席のスライド機能により、子どもや高齢者を後席に座らせた後で、スムーズに運転席へ移動できる。ラクスマグリップやミラクルオートステップなど、乗降性を助ける装備も豊富に用意した。福祉車両の考え方を盛り込んでいる。

走りについては、動力性能は互角だ。走行安定性と操舵感は、新型タントが少し自然で安心感も伴う。エンジンなどのノイズは、N-BOXが抑えられて静かな印象だ。乗り心地も、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)が長く、シートに厚みを持たせたこともあってN-BOXが上質に感じる。

運転支援機能では、両車ともに車間距離を自動調節できるクルーズコントロールを備えるが、新型タントは全車速追従型とした。ただし電動パーキングブレーキを装着しないので、追従停車した後、2秒を経過すると再発進する。

このように両車とも優劣が異なり、価格は競争が激しいために拮抗する。結論をいえば、N-BOXは内装の造り、シートの座り心地、乗り心地、静粛性が新型タントと比べても上質だ。価値観がセダン的で、大人4名で乗車するなど一般的な使い方に適する。

新型タントはミラクルオープンドアと、前述のシートアレンジが特徴だから、価値観がミニバン的だ。子どもや高齢者のいる家庭に推奨できる。

つまり新型タントは日常的な移動を便利で快適にする幅広い機能にこだわり、N-BOXは移動の質を重視した。使い方や好みに応じて選びたい。

ダイハツタントXターボ2WDのスペック

※()内は4WDの値
全長×全幅×全高:3395×1475×1755(1775)mm
ホイールベース:2460mm
重量:910(960)kg
エンジン種類:直列3気筒ターボ
排気量:658cc
最高出力:64ps/6400rpm
最大トルク:10.2kg-m/3600rpm
WLTC燃費:20.0(18.8)km/ℓ
トランスミッション:CVT
タイヤ:155/65R14
税込み車両価格:156(168)万円



関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×