2年に1度のビンテージカーの祭典 フランス「ビンテージ・モンレリ」レポート 後編

公開 : 2019.08.10 16:50  更新 : 2021.02.02 12:32

「ハノマーグ」オーナー:トーマス・シュミット

ドイツのエンスージャストも、フランスで開かれる「ビンテージ・モンレリ」は愛すべきイベントだと考えている。そのひとり、トーマス・シュミットは今年になって2台のビンテージモデルを手に入れた。エキゾチックなアミルカーC6と、エンジ色のホイールが目を引く年代物のハノマーグ。デモンストレーション走行のドライブは、友人のデイビッド・シモンとサーシャ・エドルが担当した。

「別のクルマもレストア中で、今はボディワークを進めているところです。このクルマはもう1台のレース仕様です。エンジンには大きなキャブレターが組み合わされていて、ハイコンプレッションの設定になっています。標準の最高出力は10psですが、このクルマは12psくらいは出ています。ハノマーグにしては、かなりのパワーなんですよ。ステアリングフィールはとてもダイレクトで、500ccの単気筒はとてもトルクフルで扱いやすいんです」

ハノマーグ
ハノマーグ

「素晴らしいクラシック車両と一緒に、当時のままのリナ・モンレリ・サーキットのバンクコーナーを走行した体験は、とても特別なものでした。このハノマーグはさまざまなイベントに参加させています。昨年はニュルブルクリンク・サーキットを走りました。1927年にファクトリーチームが戦ったのと同じコースです。それに、地元のビアガーデンもとても楽しい場所でした」

関連テーマ

人気テーマ