ロードテスト ヒュンダイ・ネキソ ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2019.08.10 11:50  更新 : 2021.03.05 21:37

操舵/安定性 ★★★★★★★☆☆☆

燃料電池車を、大きくシンプルなバッテリーを積むEVと比較すると、車両重量は有利な材料のひとつだ。ジャガーアウディ、メルセデスの最新EVより、ネキソは軽い。テスト車の1852kgというウェイトは、2.3トンもあるEVを下回る。

残念なのは、ネキソが運動性や敏捷性を重視してチューニングされているのではないことだ。そうできない理由はないように思えるのだが。そのハンドリングはやる気にさせてくれるものではないが、同時に腹立たしいところもほとんどない。走らせると、かなり細かい部分に至るまで、労力がいらず、とにかく尖ったところがなく安心で、毒にも薬にもならない、未来の高級車といった風情だ。十分に運転しやすい反面、予想通り無感覚で、ゼロエミッション車に想像されるようにおおむね無味乾燥で無個性といったところだ。

十分に運転しやすい反面、予想通り無感覚で、ゼロエミッション車のイメージどおりおおむね無味乾燥で無個性だ。
十分に運転しやすい反面、予想通り無感覚で、ゼロエミッション車のイメージどおりおおむね無味乾燥で無個性だ。    Luc Lacey

ステアリングホイールは小ぶりで、ギヤ比は平均的。リムを回すのは軽いが、ハードなコーナリングで負荷がかかっても信頼感と安定感は失われない。ハンドリングは、ジャンクションやラウンドアバウト、タイトコーナーでも十分に素直で扱いやすい。また、速いコーナリングでクルマの大きさや重さをごまかすようなトリックもない。もっとも、それはまったく必要ないのだが。ロールはするが、運転がつらいほどではない。グリップレベルは高く、しっかり路面をとらえ、高速道路でも確かなスタビリティが感じられる。

全般的に、ネキソのハンドリングは極めて一般的な、中型高級SUVのそれを思わせる。思い出そうとしなければ思い出せないようなそれ、とも言える。それでも、ミライやクラリティFCVのフィールが普通ではなかったことを思うと、十分に納得のいくものではある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×