マツダ・ロードスター30周年記念車のオーナーに 13台のマツダ車を乗り継いだ一家

公開 : 2019.08.15 14:57

北米からマツダMX-5(ロードスター)のニュースです。30周年記念車が納車されたフロリダ州のジェラルドさん一家。これまでに何台のマツダ車を乗り継いできたでしょう?

ミアータ30thアニバーサリー 北米で納車開始

マツダ・ロードスター30周年記念車(MX-5ミアータ30thアニバーサリー)の北米向け納車が始まった。

今年2月、世界で3000台限定のモデルとしてデビューした本モデル。北米市場に割り当てられた枠を確実に自分のものにしようと、熱心なファンが早々に受注申し込みを行っていた。

「ミアータ30thアニバーサリーのオーナーとなったジェラルドさん」
「ミアータ30thアニバーサリーのオーナーとなったジェラルドさん」

その中の1人が、フロリダ州・セントピーターズバーグ在住のジェラルド・ブルームさんである。彼こそが、ミアータ30thアニバーサリーを北米で最初に手に入れるドライバーの1人なのだ。

ジェラルドさんのファミリーにとって13台目となるマツダのモデル。マツダとの出会いは1978年式の初代RX-7(249番目に製造された個体)を手に入れたときに始まる。北米マツダ・タイローン・スクエア店の常連でもある彼は、これまでに7台を同ショールームで購入してきた。マツダ贔屓というジェラルドさんにとって、30周年記念車のオーダーは、「考えるまでもない」ことだったという。

「マツダの1番気に入っているところは、走っているときの味わいなんです。わたしは熱心なマツダ・ファンですから、ミアータ30周年記念車を最初に受け取れる1人になれたことに感激しています。レーシング・オレンジのボディカラーからもう目が離せません」

こうしたファンに支えられて、世界で1番売れているロードスター・モデルであるミアータは、マツダにとってこれからもブランドのイメージリーダーであり続けるのだ。

関連テーマ

人気テーマ