ジャガー・ランドローバーに小型モデル? プラットフォーム、BMW 1シリーズ共通か

公開 : 2019.08.20 18:50  更新 : 2020.07.05 17:54

BMW製プラットフォームを使うJLRの新型車

ジャガーの小型SUV

Eペイス(ジャガーの現在のベストセラー車)より短くて低いこの小型SUVは、エントリー・レベルのランドローバー車よりも現代的で洗練されたスタイリングになると予想される。外観と運転フィールは、Iペイスからの影響が濃いものになるだろう。

ジャガーの小型クロスオーバー・クーペ

BMW X2の従兄弟として流麗なスタイルを持つこのモデルは、本物の小型高級車市場向けジャガーとして女性層も取り込むことが期待される。アストン マーティンと同様、ジャガーも女性客の視線を意識しているものの、現在はまだそれに適切なモデルをほとんど提供していない。

ランドローバー80

エントリー・レベルの新型ランドローバー(予想図)
エントリー・レベルの新型ランドローバー(予想図)    AUTOCAR

コンパクトなエントリー・レベルのランドローバー車。フリーランダーの名前を受け継ぎ、価格は2万4000ポンド程度になる見込みだ。スタイリッシュな家族向け5ドア・モデルで、スタイリングは1948年の初代ランドローバーや、新型ディフェンダーから着想を得たものになる。大ヒットになる可能性を秘めている。

次期型レンジローバー・イヴォーク

今年はじめに発売された2代目イヴォークは、JLRの最新PTAプラットフォームを使用しているが、2020年代後半に登場する3代目ではBMW製アーキテクチャに切り替わる可能性がある。これによってコスト削減が可能になり、JLRとBMWが共同開発する電動パワートレインの搭載も容易になる。

次期型ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ

現行モデルは今年はじめにフェイスリフトを受けたので、次世代型の登場は2025年頃になると思われる。大幅に電動化されたバージョンが必要となるため、JLRがBMW製プラットフォームの採用を考えることは理に適っている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事