メルセデス-AMG 新シリーズ「35」日本導入 エントリーモデル、A35 4マティックとは?

公開 : 2019.08.27 11:10

メルセデス-AMG A35が日本発表。AMGのエントリーモデルとして、先代A45とは異なる客層にアピールします。日本価格も発表。

35シリーズとは

メルセデス・ベンツ日本が、高性能モデルを扱うメルセデス-AMGブランドの新型車「35シリーズ」を日本で発表した。

今回発表されたのは「メルセデス-AMG A35 4マティック」、その発表記念特別仕様車の「同A35 4マティック・エディション1」だ。

「A35 4マティック・エディション1」
「A35 4マティック・エディション1」

本日より注文受付を開始し、10月以降の納車を予定している。

35シリーズは、前輪駆動の車体構造を持つ車種に、高出力エンジン、四輪駆動システム、シャシー補強、サスペンション・チューンを施した高性能モデル。快適性も損なうことがないように開発され、従来の「45シリーズ」より低い価格設定とされた新モデル・シリーズだ。

車体構造に関しては、A35シリーズでは車両前部のねじり剛性を強化するためにアルミ製プレートをエンジン下部に配置。アンダーボディ前部にも2本のブレースを追加している。

マルチリンクを採用

サスペンションは、前をマクファーソンストラット、後ろをマルチリンクとした。後輪には、横方向のアーム3本とトレーリングアーム1本、それに先代A45 4マティックのホイールキャリアとベアリングを装備している。

A35 4マティックのM260型2.0L直4ターボ・エンジンは、ツインスクロール・ターボに加え、可変バルブリフトシステムの「カムトロニック」を採用。最高出力306ps、最大トルク40.8kg-mを発揮する。

「A35 4マティックのエンジン」
「A35 4マティックのエンジン」

トランスミッションは、素早いシフトとギアのつながりに優れた7速デュアルクラッチを採用した。

また、ドライブモードは5種類から選ぶことができ、エンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更できる。各モードに自動選択される「ベーシック」「アドバンスト」という2つの「AMGダイナミクス」モードでは、ESPの制御を変化させることも可能だ。

打倒 BMW M135i xドライブ

外観はツインブレードを備えたフロントグリルを採用。専用シルバークロームのフロントスプリッターに加え、左右エアインテーク部にはシルバークロームの水平フィンを2本あしらった。

リアには、ルーフスポイラーを装着。専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げのデュアルエグゾーストエンドにより後ろ姿を引き締めている。

「A35 4マティック・エディション1」
「A35 4マティック・エディション1」

AMG A35 4マティックの日本価格は628万円(税10%)だ。

発表記念特別仕様車「A35 4マティック・エディション1」は、外装色にデニムブルーを採用。ボディサイドとホイールにはマットテックゴールドのアクセントを配している。

内装はアクセントステッチの入った、専用のマグマグレー/ブラックのツートーンレザー・シートを装備。ステアリングホイールは、ナッパレザーの「EDITION」ロゴで仕上げた。エディション1の日本価格は743万円(税10%)となっている。

メルセデス・ベンツはAMGのエントリーモデルを導入することでユーザーの選択肢を増やし、フォルクスワーゲンのゴルフR、新型BMW 1シリーズのM135i xドライブといったライバル勢に対抗する狙いがある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×