レンジローバー・スポーツ3.0 SDV6オートバイオグラフィー・ダイナミック

公開 : 2013.06.27 14:27  更新 : 2017.05.29 19:20

■どんなクルマ?

既に5.0ℓガソリンのスーパーチャージャー・モデルをテストしたが、それらの大部分はペルシア湾と北米向けのモデルだ。

一方、288bhpの3.0ℓSDV6ディーゼル・エンジンは、199g/kmのCO2排出量と13.3km/ℓの燃費を持つモデルだ。更にこの下に254bhpといういささか低いパワーの3.0ℓディーゼル・モデルもあるが、それはベーシックなSEトリムのみに用意されるエンジンである。

288bhpのSDV6は、HSE、HSEダイナミック、そしてオートバイオグラフィー・ダイナミックという上位3つのトリムに搭載される。また、ダイナミックと付くモデルは、よりスポーティなアダプティブ・アンチロール・バーとダンパーを装着したモデルとなる。

また、ランドローバーでは初めてシングル・トランスファーが採用されたモデルでもある。このトランスファーは18kg軽く、デフォルトではフロントに42、リアに58のトルクをトルセン・センター・デフで分配する。また、その分配率はフロントが最大62%、リアが最大78%になる。

よりパフォーマンスを望むのであれば、オプションの2スピード・トランスファー・ボックスを選ぶこともできる。センター・デフにマルチ・プレート・クラッチを持ち、こちらはデフォルトでフロント50、リア50というトルク分配だ。そして、最大フロント、リア共に100%の力を与えることもできる。

しかし、それはよほどオフロード性能を重視するドライバーのためのオプションであり、レンジローバー・スポーツは、オンロード・モデルとう性格が強いことを考えると、このオプションを選ぶユーザーはほとんどいないと思われる。

■どんな感じ?

スーパーチャージャー・モデルがとびきり美味しく甘いケーキの上のイチゴのような存在なら、このV6はそれを支えるスポンジとクリームということができよう。来年にはTDV8がそのラインナップに加えられるが、それがどのようなポジショニングになるかは不明だ。というのも、今回テストしたTDV6のパフォーマンスで充分と感じたからだ。

新しいレンジローバー・スポーツのひとつの局面を評価するのなら、ガソリンのV8モデルに代表されるようなとてつもないスピードを持つモデルであり、あっという間に視界の彼方に消えていってしまうようなクルマだ。

ディーゼル・モデルはそれと比べれば3次元的なクルマといえる。退屈なマイルを刻むことができ、街のわまりを静かに走ることができる。もちろん、SDV6が遅いということでは決してない。2メートルの幅を持ち、2トンのボディを0-96km/h加速6.8秒というタイムで駆け抜ける61.1kg-mのトルクがあるのだ。

ガソリン・エンジン・モデルにはスロットルを目一杯踏んで、常にフルパワーでかっ飛んで行きたくなるような衝動がつきまとうが、TDV6はハーフスロットルでスムーズが加速を愉しむ類のクルマだ。そのマナーは非常に良い。また、ガソリン・エンジン・モデルは、ドライバーが何をしたかを如実に反映させるが、ディーゼルは故意にそれを目立たせないようにしている感じだ。クルージングでも騒音から隔離された空間が保たれる。

多くの8速ギアボックスと同様に、ちょっとしたことで直ぐにシフトダウンする傾向があるが、ZF製のトランスミッションはそのショックをほとんど伝えないので、まったく気にならない。

ドライブ・モードがデフォルト・モードであれば非常に快適そのもの。これをダイナミック・モードにすると、ステアリング、ギアボックス、スロットル、サスペンション・セッティングが変更される。これにより乗り心地は荒くなるが、その一方でダイナミックな性格がもたらされる。

トルク・ベクタリングはフロントが標準、リアがオプションだが、標準のマッド・アンド・スノー・タイヤを軋ませながら、コーナリングではリア・アクスルにトルクが分配されスムーズな走りを見せる。V8では、この現象が極く初期に発生するが、V6ディーゼルでは比較的に穏やかに現れるのだ。

■「買い」か?

買いだ。新しいレンジローバー・スポーツは、現在手に入れられるSUVの中でも最高のモデルだ。そして、TDV6は輝かしく楽しいエンジンだ。確かにポルシェカイエンのディーゼルV8よりはパワーはないかもしれない。しかし、その優れた存在感が魅力だ。高速道路では滑らかで静かで、渋滞の中では力強く、オフロードでも輝いているクルマであるのだ。

(ニック・カケット)

レンジローバー・スポーツ・スーパーチャージド試乗記

レンジローバー・スポーツ3.0ℓSDV6オートバイオグラフィー・ダイナミック

価格 £74,995(1,124万円)
最高速度 222km/h
0-96km/h加速 6.8秒
燃費 13.3km/ℓ
CO2排出量 199g/km
乾燥重量 2115kg
エンジン V型6気筒2993cc
最高出力 292bhp/4000rpm
最大トルク 61.1kg-m/2000rpm
ギアボックス 8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ランドローバーの人気画像