新型フォルクスワーゲン・ゴルフ8代目 発表直前情報 後編 内外装/テクノロジー

2019.10.03

テクノロジーと環境性能はクラス最高に

8代目ゴルフに3ドア・ハッチバックは設定されないこともわかっている。VWは5ドアとワゴンに集中することでラインナップを整理し、コスト対効果や利益率の拡大を狙う。ワゴン型のヴァリアントはホイールベースが50mm延長され、リアのオーバーハングもハッチバックより長くなる。

VWの販売およびマーケティング担当取締役のユルゲン・スタックマンは、次のように述べている。「長年の間、ゴルフは欧州において、並ぶ者のない首位の座を守ってきました。モデルライフ末期となる現在も、非常に多くの販売を維持しています。われわれの仕事は、この市場シェア1位を堅守することです」

新型フォルクスワーゲン・ゴルフ試作車。
新型フォルクスワーゲン・ゴルフ試作車。

「次世代モデルには、この地位を守るために必要なすべての技術とすべての進歩がもたらされます。明らかに、歴代最良のゴルフとなるでしょう。同クラスで最良のCO2排出量と最高のテクノロジーを備え、そして最もデジタル化が進んだモデルになります」

世間の注目がID.3と分散してしまうことを避けるため、新型ゴルフは発表が遅らされることになった。スタックマンはID.3とゴルフの棲み分けにも留意している。

「ゴルフを選ぶ人の思考と購入理由を見れば、顧客がゴルフに求めるものは変わっていません。かれらはゴルフがゴルフだから好きのです。新しいテクノロジーは好みますが、突飛なものは好みません」

「長期的には、おそらく6年から8年の間には、ゴルフとID.3の顧客は重なっていくことでしょう」

 

人気記事