【電動ラグジュアリーSUV対決】メルセデスEQC vs テスラ・モデルX vs ジャガーIペイス vs アウディeトロン 前編

公開 : 2019.12.14 10:50  更新 : 2021.04.27 07:06

ベストな電動ラグジュアリーSUV

もし驚くほどの静かさと快適性を備え、さらにはファミリーカーの未来を容易に想像させてくれるモデルが必要で、ドライバーアピールなど気にしないというなら、選ぶべきはアウディということになる。

この4台のなかでeトロンよりも優れたラグジュアリーカーなど存在しないという事実が何よりもその証拠だ。

アウディeトロン
アウディeトロン

このクルマのインテリアは慎み深くEQCに次いで「ノーマル」なものだが、決して品質が劣っていたり高級感が足りないなどという訳ではない。運転そのものもEQCよりもさらに普通に感じられる。

さらに、eトロンは優れた効率性も発揮する。EQCとともにこのクルマは、運転中に操作可能なパドルによってバッテリーの充電セッティングを変更可能な機能をオプション設定している1台であり、ドライバーは駆動輪をコントロールすることで、より深いクルマとの繋がりを感じることが出来る。

バッテリーへの充電ゼロを選択すれば、見事なエアロダイナミクス性能で空気抵抗の低さを誇る重量2.5tのこのクルマは、まるで坂を下っているかのような滑らかさで、苦も無く制限速度ギリギリまで加速するのであり、そうした時には期待に違わぬ非常に優れた効率の高さを見せてくれる。

写真撮影のためM48号線の橋まで足を延ばした後、ホテルの駐車場へと辿り着くとそれぞれのトリップコンピューターをチェックしてみた。各車がやや異なるルートを通り、なかには他車に比べ多くの写真撮影をこなした車両もあったために、4台それぞれが少しずつ異なる走行距離を示していた。

では、走行距離と残りの航続可能距離で最大値を示した、もっとも巡航性能に優れるモデルはどのクルマだっただろう?

答えはモデルXだ(それでも、2位のアウディとの差はわずか18.5kmというものだった)。

では、最低だったのはどのモデルだろう? それはジャガーだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事