M史上最強の直6ツインターボ BMW X3 Mコンペティションに試乗 510ps

公開 : 2019.10.25 09:50

Mスポーツ・ドライビングモードも用意

8速ATは、最もアグレッシブなモードを選ぶと変速は瞬間的に完了する。ステアリングホイールに取り付けられたシフトパドルを弾くのが楽しくなる。

ヘッドアップディスプレイには、選んだドライブモードによってはエンジンの回転数も表示してくれる。S58形エンジンのパフォーマンスをしっかり引き出すことを誘ってくれるようだ。

BMW X3 Mコンペティション
BMW X3 Mコンペティション

シフトパドルの横には赤く塗られたMスポーツ・ドライビングモード用のボタンが付く。エンジンやサスペンションなどを個別に設定して登録できるから、望めば最も過激なスロットルレスポンスに、最も柔らかい乗り心地を組み合わせることも可能。

それ以外、基本的にインテリアの雰囲気は標準のX3と大きな違いはない。センターコンソールに、小さなMスポーツのボタンが追加されているが、その程度だ。

キルティング加工された表面のシートは堀が深く、コーナーでもしっかり身体を支えてくれる。ステルヴィオのカーボンファイバー製バケットシートより、長距離移動でも疲れない包み込み感もあって座り心地はいい。

モニター式となったメーターパネルと、最新のインフォテインメント・システム、iドライブは、このクラスでも優秀な仕上がり。アウディのバーチャルコクピットほど自由にカスタマイズはできないが、ロータリースイッチもあり操作性は良い。

ドライバーの満足度はSUVで1番

高性能SUVの人気が高まる中で、BMW X3 Mコンペティションの登場を喜ぶドライバーも多いだろう。だが、それほど大きなボリュームとはいえないクラスには、華やかなライバルも数多く揃っている。その中でX3 Mコンペティションは秀抜とはいいにくい。

確かに充分には速い。だが乗り心地と操縦性は、ステルヴィオ・クアドリフォリオのダイナミックさと、ジャガーFペイスSVRの上質さとの、中間くらいにある。発するサウンドは、メルセデスAMGのGLC63が搭載するV8エンジンには敵わない。

BMW X3 Mコンペティション
BMW X3 Mコンペティション

英国の場合、舗装がきれいな区間でも乗り心地で良い印象は受けられなかった。日常的に利用するドライバーは、疲れを感じてしまうかもしれない。

それでも、ドライバーへの訴求力で最も優れたSUVとして考えれば、BMW X3 Mコンペティションは真っ先に選ばれるモデルではある。ドライバーは、ほとんど不満を感じない優れたドライビング体験を享受できるだろう。「コンペティション」と呼べるほど、楽しいわけでもないけれど。

BMW X3 Mコンペティションのスペック

価格:7万4470ポンド(1012万円)
全長:4708mm
全幅:1891mm
全高:1676mm
最高速度:249km/h(リミッター)
0-100km/h加速:4.1秒
燃費:8.7km/L
CO2排出量:263g/km
乾燥重量:1970kg
パワートレイン:直列6気筒2993ccツイン・ターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:510ps/5950-7200rpm
最大トルク:61.1kg-m/2600-5950rpm
ギアボックス:8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事