試乗 メガーヌR.S.トロフィー新型(EDC) 内装/スペック/価格、筑波で評価

公開 : 2019.11.12 19:25  更新 : 2021.03.05 21:34

シャシー性能を検証

アペックスを抜けて加速に移行。こっちはもっと楽にコントロールできた。

何しろ42.8kg-mもの最大トルクを、スポーツ走行では低回転域となる3200rpmで発生するのだ。

メガーヌ・ルノー・スポール・トロフィー
メガーヌ・ルノー・スポール・トロフィー

レブリミットから逆算して神経質にシフトしなくとも、どのコーナーでも文字通りあり余る駆動トルクが得られる。ダウンシフトは1段or2段と迷うような状況なら躊躇せず1段ダウンを選べばいい。

下のギアよりも加減速は穏やかになるが、アクセル操作への応答は的確。前輪の逃げ具合や引き戻しを加減速で応答遅れ少なくコントロールできる、トルセンLSDを活かした微妙なラインコントロールも難しくはない。

この下支えをするのがシャシー性能。前後左右に大きく荷重変化する状況でも揺れ返しや接地の不安定さは一切ない。操作と挙動の因果が極めて安定している。

基本操縦特性はお手本の様な弱アンダーステア。前輪の逃げ具合は如何様にでも、というのは前述のとおり。

興味深いのは4コントロールである。

筑波で試す、4コントロール

走行モードは、ノーマル(ニュートラル)/スポーツ/レースの3モードの選択が可能。4コントロールの後輪の逆位相操舵制御は、ノーマルとスポーツは60km/h以下、レースは100km/hまでとなっている。

ふつうに考えるとノーマルから順に切れ味鋭くなりそうだが、試乗するとノーマルとレースが似た特性で、スポーツが演出志向という印象だった。

メガーヌ・ルノー・スポール・トロフィー
メガーヌ・ルノー・スポール・トロフィー

後輪操舵と言ってもステア操舵角に定量的に制御されるわけでなく、ステア操舵の舵角や操舵角速度、車速等の走行状況に応じて後輪操舵の同逆位相と操舵量が制御される。

ノーマルとレースモードの制御の基本はスタビリティ。最大負荷走行でのコントロール性を重視するレースモードでは操舵に対して素早い回頭反応を示すが、初期反応だけである。

後輪舵角は転舵(舵角増)初期に一瞬逆位相となり、すぐに同位相に移行しているようで、コーナリング中全般で前後輪のCF(旋回力)は良好なバランスを維持する。4コントロールの介在を意識しない自然な操縦感覚を生み出している。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記