【アクセル開度比較】公道でより楽しめるにはどちら? マクラーレン720S vs マツダMX-5

2020.01.01

いよいよ測定開始

2回目と3回目の走行では、B4560号線沿いに往復することになる。最初の走行では森林地帯を通過するが、2回目と3回目はほとんど遮るもののない開けた荒地が舞台だ。最初のコースはほぼすべてが上りであり、2回目と3回目もほとんどがアップヒルとなるルートを設定している。

下りの長い直線では、両者ともアクセルを閉じたままでの走行が多くなることから計測は行わないことにした。

今回のテストで制限速度を破るようなことはなかった。
今回のテストで制限速度を破るようなことはなかった。

では出発だ。ソーンダースがステアリングを握る720Sを、クックを助手席に乗せてマツダで追いかける。ソーンダースはラップトップさえ用意していない。OBDポートに差し込んだ送信機からBluetoothで送られてくるデータを携帯電話で受信するだけという、いたってシンプルな方法だ。

こうした路面の荒れたコースで、マクラーレンについて行くのがどれほど大変かということには驚かされたが、97km/hの制限速度を守るのも想像以上に大変だった。ほとんどが3速と4速のままであり、5速を使う機会はほとんどなかった。

720Sでのデータ取りが終わると、今度は出来るだけマクラーレンと同じようなペースで走行するわたしのマツダを、ソーンダースとクックが追いかける番だが、マクラーレンでマツダを追いかけるソーンダースにさして苦労はないはずだ。

 

人気記事