ロードテスト BMW X4M ★★★★★★☆☆☆☆

公開 : 2019.11.24 11:50  更新 : 2019.12.10 17:53

走り ★★★★★★★★☆☆

これが初めてというわけではないが、それでも2トン級の高級SUVが4秒フラットで97km/hに、9秒そこそこで161km/hに達するのには驚きを禁じ得ない。感覚的には、これは確かにとんでもなく、かなりバカげたものにさえ感じられる。

X4Mコンペティションでもそう感じるのは、とくに前者、すなわち0−97km/h加速によるところが大きい。というのも、ステルヴィオと同じく電子制御ローンチコントロールを備え、ファミリーカーというよりモータースポーツ用マシンを思わせる、暴力的なスタートダッシュを可能にしているからだ。

ターボエンジンとしては、スロットルレスポンスは最上級で、とにかく一定した回りぶりは衝撃的だ。
ターボエンジンとしては、スロットルレスポンスは最上級で、とにかく一定した回りぶりは衝撃的だ。    OLGUN KORDAL

これくらいのサイズとウエイトのクルマでローンチコントロールを作動するのは、完全に理性を失い、できうることをとことん追い求めようとするするのを許容しているように思えてくる。

とはいえ、同じくらい速いライバルも、ここ2年ほど遡ればいくつかあった。しかも1〜2台、とくにGLC63S 4マチック+は、より速かった。であるから、もし角張ったスタイリングではなく、クーペ風のルーフで、活発な走りのSUVを購入しようとしているなら、もう一度ゆっくり検討してみるほうがいい。AMGは別にしても、ジャガーFペースSVRでも177km/hまでの加速は同等で、アウトバーンの速度無制限エリアに入ったらむしろ速いかもしれない。

そのジャガーとAMGが、V8エンジンを積んでいるのはいうまでもない。それらのマッチョなライバルに比べて、Mの最重要ユニットともいうべきS58型直6はパンチに欠けても、繊細さやリニアさ、精密さといった出力特性で勝ると期待するのではないか。

その点では、失望することはないはずだ。ターボエンジンとしては、スロットルレスポンスは最上級で、とにかく一定した回りぶりは衝撃的なほど。同時に、回転が上がるほど闘志と力強さをほとばしらせる。

突発的なブーストで、シートに叩きつけられるようなことはない。むしろ、3000rpmでスロットルペダルを数cm踏み足せば、倍の6000rpmまで跳ね上がるように思えるほどよく回る。

そうはいっても、テスター陣のほとんどが認めるのは、BMWのエンジンが、8速ATと抜群の相性を見せるが、少なくともライバルほど印象に残るサウンドには不足していること。また、このエンジンの繊細さや精密さを、かっ飛びSUVの購買層がどれほど評価するのかという点に疑問を呈するテスターもいた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記