ポルシェ新ハイパーカー、F1ドライブトレインの採用か 鍵握るクロアチア「リマック」社

公開 : 2019.11.29 11:05

机上だけでなく、実機として続けること

ポルシェは最終的にはF1への参加を回避し、フォーミュラEに参加することを決めたが、6気筒エンジンの開発は今も続いている。

エンツィンガーによると、ロードユースに必要な耐久性をもつF1エンジンはスーパースポーツカーにとっても興味深いものだからだ。

ポルシェ99X
ポルシェ99X

ただし、排気熱から電気エネルギーを回収するために使用される複雑で高価なMGU-H(モータージェネレーターユニット・ヒート)は不要だ。

「LMP1は撤退したが、2017年末に、非常に効率的な6気筒エンジンの開発を、机上だけでなく、実機として続けるよう命じられました」とエンツィンガーは語った。

エンツィンガーは、ポルシェの新しい6気筒エンジンは「完成し、テストベンチで動作しています」とも。また「工場生産に関する分析に使用されています」と認めた。

新しいドライブラインのハイブリッドコンポーネントの仕様は秘密とされているが、高出力のエレクトリック・モーターを使用すると考えられる。

鍵を握るのはクロアチア「リマック」社

最近のフランクフルトモーターショーでのポルシェのハイパーカープランについて、ポルシェのEVプロジェクトの責任者であるステファン・ヴェックバッハは、次のように述べた。

「ポルシェの目標はどのクルマもセグメントで最もスポーティなクルマとなることです」

リマックC_Two
リマックC_Two

ヴェックバッハは、新しいポルシェのドライブラインのエレクトリック・モーター側に、ポルシェとリマックのパートナーシップによって開発された技術を採用する可能性も示唆した。

リマックはクロアチアを拠点とするEVスーパーカーメーカーで、高い評価を得ているConcept OneとC_Twoをラインナップしている。

ポルシェは2018年にリマックの10%の株式をはじめて購入した後、最近になって15.5%に引き上げ、緊密な協力関係を計画していることを示唆した。

「リマックとは将来的に協力していく可能性があり、出資を増やしました」と、ウェックバッハは言った。

リマックは、最新のC_Twoハイパーカーに最大1915psを誇る電気ドライブシステムを搭載し、電気モーターおよび電力電気技術のリーダーとしての地位をあっと言う間に確立した。

ポルシェと同様に、リマックはアストン マーティン、ジャガー、ルノーなどともエンジニアリングプログラムを設定している。

5月、ヒュンダイ、起亜、リマックの3社がEVを共同開発する契約で、ヒュンダイと起亜はリマックに8000万ユーロを投資した。

関連テーマ

人気テーマ