【最強4WDホットハッチは】BMW M135i vs ミニ・クーパー・クラブマンJCW vs メルセデスAMG A35 後編

公開 : 2019.12.08 10:50  更新 : 2019.12.08 13:22

ホットハッチらしい走りを実現

そして実際にアダプティブダンパーを装備したBMWは、普段の路上におけるペースで素晴らしく快適な乗り心地と魅力的なステアリングフィールを実現することに成功したのであり、見事なフィニッシュで使い勝手にも優れたインテリアは、十分にクラスのスタンダードを越える仕上がりを見せてくれた。

静止状態ではややスポーティさに欠けるものの、今回出会ったような路面でも引き締まった落ち着きある乗り心地を見せ、他の2台よりも見事なしなやかさを感じさせた。

1位:これまでのホットな1シリーズよりも高い完成度を誇る。力強さとドライバーへのアピールに溢れ、所有欲も満たしてくれる1台だ。 2位:ますます洗練されていくライバルたちに対して、ミニは何ができるだろう。快適性の面では1歩か2歩譲るかも知れないが、このクルマにはシャープで機敏な運転の楽しみが備わっている。 3位:遅くもなければハンドリングが悪いわけでもないが、このクルマのエンジンとギアボックス、そしてシャシーは他の2台のレベルには達していなかった。ハイテクと高級さを感じさせるインテリアは印象的だったが、もっとスペースが必要だ。
1位:これまでのホットな1シリーズよりも高い完成度を誇る。力強さとドライバーへのアピールに溢れ、所有欲も満たしてくれる1台だ。 2位:ますます洗練されていくライバルたちに対して、ミニは何ができるだろう。快適性の面では1歩か2歩譲るかも知れないが、このクルマにはシャープで機敏な運転の楽しみが備わっている。 3位:遅くもなければハンドリングが悪いわけでもないが、このクルマのエンジンとギアボックス、そしてシャシーは他の2台のレベルには達していなかった。ハイテクと高級さを感じさせるインテリアは印象的だったが、もっとスペースが必要だ。

もっともシャープなハンドリングではないものの、正確で扱いやすいステアリングはB級路でも十分な鋭さを見せ、その気になればコーナーでも十分に楽しむことが出来るものだった。

新型BMW M135iは先代よりも使い勝手に優れるとともに、走らせても速く楽しいモデルであり、かつてのホットな1シリーズに見られたダイナミズム性能における欠点も少なくなっていた。

リア駆動のくびきから逃れたことで、まさにホットハッチらしい自由自在な走りを感じさせ、実際に見事なパフォーマンスを披露している。

申し添えておけば、このクルマはチャバタパンのフィッシュサンドなどとはまったく違う出来栄えのモデルであり、個人的にはBMWがこのクルマのためにホットなソースを残しておいてくれたことに敬意を表したい。

各車のスペック

BMW M135i xドライブ

価格:3万6430ポンド(515万円)
エンジン:横置き1998cc直列4気筒ターボ+四輪駆動
パワー:306ps/5000-6250rpm
トルク:45.9kg-m/1750-4500rpm
0-100km/h加速:4.8秒
最高速:249km/h
ギアボックス:8速オートマティック
乾燥重量:1525kg
燃費性能:12.2-12.7km/L
CO2排出量:179g/km

ミニ・クラブマンJCW

価格:3万5360ポンド(500万円)
エンジン:横置き1998cc直列4気筒ターボ+四輪駆動
パワー:306ps/5000-6250rpm
トルク:45.9kg-m/1750-4500rpm
0-100km/h加速:4.9秒
最高速:249km/h
ギアボックス:8速オートマティック
乾燥重量:1550kg
燃費性能:11.9km/L
CO2排出量:192g/km

メルセデスAMG A35 4マティック

A35は他の2台よりもトルクで5.1kg-m下回るが、それはドライバーにも明らかだ。
A35は他の2台よりもトルクで5.1kg-m下回るが、それはドライバーにも明らかだ。

価格:3万5580ポンド(503万円)
エンジン:横置き1991cc直列4気筒ターボ+四輪駆動
パワー:306ps/5800-6100rpm
トルク:40.8kg-m/3000-4000rpm
0-100km/h加速:4.7秒
最高速:249km/h
ギアボックス:7速デュアルクラッチ・オートマティック
乾燥重量:1480kg
燃費性能:12.7km/L
CO2排出量:WLTP値未公表

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記