【ロードテスト】ルノー・クリオ ★★★★★★★★★☆

公開 : 2019.12.07 11:50  更新 : 2020.01.05 23:02

結論 ★★★★★★★★★☆

第5世代のクリオが、シックなルックスと、乗り心地とハンドリングの巧みなブレンドだけを誇るなら、クリオの、そしてフランス製コンパクトカーのファンが期待するようなクルマにすぎないものとなっただろう。ところが、商業的に成功するための装備の充実ぶりは、これまでのルノーとは比較にならないほどだ。

他ブランドが見て見ぬふりをしている中で、ルノーはこのクラスの新たなトレンドをしっかりと見据えてきた。質感や洗練性、ドライバビリティやハンドリングのバランスを、より大きなクルマのレベルまで引き上げようと努めてきたのだ。その成果は、後発のより洗練され物欲をそそるライバル車に対する高い競争力として表れた。

高級感、スムースさ、円熟味、いずれも増している。スタイルと中身を兼ね備えたクルマだ。
高級感、スムースさ、円熟味、いずれも増している。スタイルと中身を兼ね備えたクルマだ。    MAX EDLESTON

残念だったのは、その過程で、フランス車らしいしなやかな乗り心地が損なわれたこと。そして、キャビンの広さでクラスベストに肩を並べられなかったことだ。それでもクリオは、これまで加わることさえできなかったこともあるクラスの上位争いに名を連ねることとなった。

担当テスターのアドバイス

マット・ソーンダース

5代目クリオは、基本的エルゴノミクスがフランス車らしからぬものだ。低いシート、テレスコピック調整幅の大きいアップライトなステアリングホイール、適切な配置のペダルとシフトレバー。これは新型プラットフォームの恩恵か、大幅なデザイン見直しの成果か。いずれにせよ、心から歓迎すべき進展だ。

サイモン・デイヴィス

ルノーに乗りなれていると、奇妙な場所に設置されたクルーズコントロールのスイッチを探すのに慣れてしまう。ところがこのクリオは、それがあるべき場所、ステアリングホイール上に配置されている。

オプション追加のアドバイス

中間グレードのアイコニックは、現実的にコンパクトカーに求められるものをすべて備える。ただし、150ポンド(約2万円)のインテリアカラーパックは追加したい。各300ポンド(約4万円)のコンビニエンスパックとパーキングパックもほしいところだ。

改善してほしいポイント

・前席シートには、エントリーモデルでも高さ調整を標準装備してほしい。
・乗り心地をさらにチューニングして、しなやかさを高めてほしい。
・内装のパッケージングをさらに詰めてほしい。ライバルの多くは、もっと広いキャビンスペースを備えている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事