【1200kmでも疲れ知らず】マクラーレン720S(3) ジュネーブへ小旅行 長期テスト

公開 : 2019.12.27 11:50  更新 : 2019.12.27 13:45

1200kmの後でも、もっと運転したいと思える

6000kmほどの距離を重ね、エンジンの慣らしもほぼ終わり、上限としていた回転数を上げる初めての機会ともなった。やはり、エンジンの本領を発揮できるようなストレートは存在しない。

直線が見え、少し深くアクセルを踏む。パドルを弾く。アクセルを戻すとマフラーがぐずり、コーナーでブレーキを踏む。それ以上は難しい。

マクラーレン720S ラグジュアリー
マクラーレン720S ラグジュアリー

数年前に同じような自動車旅行をマクラーレン650Sで行った。とても楽しめたが、終わりが悲しいとも感じなかった。そこそこ疲れたし、長時間シートに座っていると身体が痛くなった。しかし720Sは違う。

1200kmの距離を走っても、まだ運転したいと思えたクルマは、マクラーレン720S以外にない。仕事が終わった3日後に、もう一度、帰路の1200kmを喜んで運転した。

スイスへの往復以外にも、深夜に山道を走らせる機会もあった。記憶に残る体験となった。冬が明けた時に備えて、そろそろ夏タイヤをどれにしようか考え始めている。次はもっと走り込みたい。

テストデータ

テスト車について

モデル名:マクラーレン720S ラグジュアリー
新車価格:22万4990ポンド(3149万円)
テスト車の価格:24万6450ポンド(3452万円)

テストの記録

燃費:9.6km/L
故障:コーナーを曲がる途中でヘッドライトが一度消えた。
出費:なし

気に入っているトコロ

オールラウンドな使い勝手:山道、高速道路、都市部。昼も夜も、どんな環境であっても快適。

気に入らないトコロ

ショートギア:ギア比が短く、もし8速目があれば燃費にも有利だと思う。航続距離も伸びるし、上質感も高まるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×