【良い部分の詰め合わせ】ジャガーFペイス D300スポーツ 3.0Lディーゼルに試乗

2020.01.06

サマリー

スポーティな走りが自慢のSUV、Fペイスの強力なディーゼルエンジン版に試乗しました。マイナーチェンジで価格は上乗せになっていますが、人気のオプションが標準装備となり、運転の楽しめるSUVとしての訴求力を高めています。英国で評価しました。

もくじ

Fペイスのベストアルバム仕様
乗り心地の良さと高い運動性能の両立
最も運転の楽しめるSUVの1つ
ジャガーFペイス D300スポーツのスペック

Fペイスのベストアルバム仕様

text:Tom Morgan(トム・モーガン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
いうなれば年末に登場するグレイテスト・ヒッツ。従来の売れ筋グレードに新しい要素を追加して、人気降下を食い止める狙いがあるのだろう。そんなマイナーチェンジを受けたFペイスが、D300とP300スポーツだ。

人気の装備が標準で付いてくる。ラグジュアリーSUVを検討している顧客へ、ジャガー製のスポーティなFペイスがしっかりと目にとまるように、見た目のアップデートも加えられている。

ジャガーFペイス D300スポーツ
ジャガーFペイス D300スポーツ

エンジンはP300の4気筒ガソリンターボか、D300の6気筒ディーゼルターボが選べるが、どちらも最高出力は302ps。今回試乗するのは、英国の道では初試乗となるV6ディーゼルのD300。

ツインターボのおかげで最大トルクは71.2kg-mと強力。トランスミッションは8速ATで、後輪駆動ベースの4輪駆動となる。

英国での価格は約5万5000ポンド(770万円)で、よりパワフルなアウディSQ5と悩むこともできる。標準モデルに8430ポンド(118万円)相当の追加装備が施されており、ジャガーはFペイスの方がお値打ちだと主張している。

追加装備の内容は、タッチプロ・ナビゲーションを含むインフォテイメント・システムに、前面モニターとなるデジタルメーター、ヒーター内臓のパワーシート、英国高級オーディオメーカーのメリディアン社製サウンドシステムとパノラミックサンルーフなど。

インフォテイメント・システムは、初めてアップル・カープレイとアンドロイド・オートにも対応。アルミホイールは20インチから22インチへとインチアップされ、ボディトリムも専用品をまとう。

 
最新試乗記

人気記事