【新型モデルの登場はいつ?】英国版2020年新車カレンダー 今年も豊作に期待 10月~12月

公開 : 2020.01.27 16:50  更新 : 2021.03.05 21:43

2019年には素晴らしいニューモデルが多数登場しましたが、2020年はさらなる豊作が期待出来ると言います。すでに公開されている以外にも、話題のモデルが目白押しであり、今回は英国市場での発売月に基づき、今年登場予定のニューモデルを一気にご紹介します。

もくじ

10月
フォード・マスタング・マッハ-E
メルセデス・ベンツEQV
スバル・レヴォーグ
11月
マクラーレン750LT
三菱エクリプス・クロス
12月
アウディR8
シトロエンC4カクタスEV
メルセデス・ベンツEQB
テスラ・モデルXプレイド
ロールス・ロイス・ゴースト
ボルボXC40リチャージ

10月

DS 8サルーン

シトロエンのラグジュアリーブランド、DSのフラッグシップサルーンは、シトロエンC5エアクロスやプジョー508、DS7クロスバックも採用するPSAグループのEMP2プラットフォームをベースに登場する。

DS 8でもDS 7クロスバックが持つスタイリング上の特徴が数多くシェアされ、同じ300psを発揮するプラグインハイブリッド「e-Tense」が採用されることになるだろう。

フェラーリ・ローマ
フェラーリ・ローマ

さらに、強力なドイツ製サルーンのライバルたちに対抗すべく、ガソリンターボとディーゼルエンジンもラインナップされることになる。

フェラーリ・ローマ

フェラーリ自ら、「フェラーリのスタリングを握ることを恐れるひとびとのためのフェラーリ」だと言うこのフロントエンジン・2シーターモデルのローマは、オープンモデルのポルトフィノとメカニズムの一部を共有しているものの、そのスタイリングはアクティブ・エアロダイナミクスを採用するなど完全新設計となる。

エンジンはフェラーリお馴染みの3.9L V8ターボ の改良版であり、SF90 ストラダーレで導入された8速デュアルクラッチオートマティックと組み合わされる。

このアストン マーティン・ヴァンテージとメルセデスAMG GTのライバルが持つ621psのパワーは後輪のみに伝達され、0-100km/h加速3.4秒、最高速320km/hを達成している。

フォード・マスタング・マッハ-E

フォード・マスタングと言えば、間違いなく背の高い電動SUVに対するアンチテーゼであり、このマッスルカーには、盛大なサウンドは発する力強いV8こそが最高にお似合いだ。

ではなぜフォードは、この新たな電動SUVにポニーのバッジを与えるのだろう?

フォード・マスタング・マッハ-E
フォード・マスタング・マッハ-E

フォードのデザイナー、ムラート・グエラーによれば、それはこの新型EVが単なる模倣に陥ることなく、マッスルカーのスタイリングと、マスタングが持つ「情熱とドラマ」の息吹を与えるためだと言う。

さらに、337psを発揮するファースト・エディションであれば約6万ポンド(860万円)にも達するこのマスタング・マッハ-Eに、テスラ・モデルYといったモデルに匹敵するプレミアムな輝きを与えるためでもある。

このクルマにはそれだけのスペックも備わっているのであり、マスタングというネーミングに懐疑的なひとびとを納得させるべく、ホットなGTやシェルビーといったモデルも登場も予定されている。

マセラティ・アルフィエリ

その登場が待ち望まれていた、マセラティにとっては2015年以来の完全新設計のニューモデルとなるアルフィエリは、このイタリアンメーカーの変革を先導する存在であり、その新たな電動化技術のショーケースだ。

この新型スポーツカーでは、3基の電気モーターと四輪駆動システム、さらには800Vのバッテリーを組み合わせたモデルや、プラグインハイブリッドなど、3つのバージョンが登場することになるだろう。

アルフィエリはフィアット・クライスラー・オートモービルにおけるマセラティのパフォーマンスブランドとしての地位と、テクノロジーリーダーという役割を確固たるものにするだろう。

マセラティブランドが持つ潜在能力は、いまやPSAとの合併によって疑問視されており、素晴らしいスポーツカーを発表する以上に、注目を集めるのに良い方法などあるだろうか?

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事