【ID.3 Rへ向けた第一歩】VWゴルフeR1 エレクトリック・プロト 500ps+4輪駆動

公開 : 2020.02.07 10:20

意外と大きいツインモーターが発する音

加速力以外は、時間が短すぎ、クルマの多くの結論を導き出すのは難しい。しかもツェル・アム・ゼーに用意されたアイス・サーキットは基本的には大きな3角形。3本の直線が3つのタイトコーナーでつながれているだけで、ハンドリングやダイナミクス性能の手がかりを得ることは困難だ。

少なくともゴルフeR1は、いまの一般的な考えとは異なり、EVでも静かなだけで終わらないことを証明してくれた。車内で聞こえるツインモーターが発する独特の鳴き声は、驚くほど大きい。ベニー・ロイヒターがアクセルペダルをどれだけ踏み込んでいるのか、音を通じて即座に理解できる。

フォルクスワーゲン・ゴルフeR1 エレクトリック・プロトタイプ
フォルクスワーゲン・ゴルフeR1 エレクトリック・プロトタイプ

だとしても、レースカーとしては充分に静かではある。タイヤが跳ね上げた氷や路面の雪のコブが、勢いよくゴルフeR1のシャシー下面に当たる音も、しっかり聞こえてくる。

では、このゴルフeR1は、将来のフォルクスワーゲン製EVにどんな意味を持つのか。最もわかりやすい表現は、フォルクスワーゲンの高性能EVのビジョンを伝える、大使的なクルマだということだろう。ボディの見た目がビジョンと一致しないかもしれないが。

フォルクスワーゲンによれば、同社のすべての純EVモデルは今後ID.ブランドに属するとしている。一方でゴルフは、内燃エンジンとハイブリッドモデルとして残されるからだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記