【ID.3 Rへ向けた第一歩】VWゴルフeR1 エレクトリック・プロト 500ps+4輪駆動

公開 : 2020.02.07 10:20

高性能EVモデルに対する小さな一歩

ゴルフeR1はTCRツーリングカーをベースにしているが、2020年後半に発表されるeTCRチャンピオンシップ・マシンのテストカーではないと強調する。このレースには、クプラ(セアト)とヒュンダイも参戦する見込みだが、まだマシンを明らかにしていない。

フォルクスワーゲン・モータースポーツも、ゴルフのカテゴリーでの販売モデルの製造に関心は寄せている。だがそのクルマは、MEBプラットフォームを持つ、ID.のモデルがベースとなるはず。

フォルクスワーゲン・ゴルフeR1 エレクトリック・プロトタイプ
フォルクスワーゲン・ゴルフeR1 エレクトリック・プロトタイプ

だとしても、ゴルフeR1がフォルクスワーゲン製EVの将来像に対して、影響は及ぼすに違いない。フォルクスワーゲンのRパフォーマンス部門とフォルクスワーゲン・モータースポーツとは密接に連携してEVパワートレインの開発を進めている。

バッテリーは計画されている高性能なID Rロードカーで用いられるだけでなく、このゴルフeR1でも用いられている。その後継モデルへとつながると考えていい。

フォルクスワーゲンRパフォーマンスを率いるヨースト・カピトは、まだ最終的な後継モデルは決まっていないとしている。だが、eR1という名称を与えた理由をこう話している。「eR1と呼ぶということは、わたしたちの次のターゲットはeR2となるでしょう」

後継モデルはMEBプラットフォームを元に構築され、ID.ブランドのモデルとして登場するはず。フォルクスワーゲンは、遅くても2024年までに高性能なID.3 Rを発表することを目指している。

ゴルフeR1が、高性能EVモデルに対する一歩だと見なしても、間違いはないだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記