【欧州は羊の皮的ワゴンが健在】スコダ・スパーブ・スポーツラインへ試乗 271ps

公開 : 2020.02.08 10:20

素早く大陸の移動もこなせる

一方で、4輪駆動システムの実力を発揮させれば、大きなドラマや悪い素振りを見せることなく、素早く大陸の移動もこなせる。タイヤ間のトルクを分配してくれる電子制御デフが備わり、グリップ力も安定性も高い。だが、ドライバーが調整を加えていく自由度までは備わってはいない。

パフォーマンスを色付けているのが、パワートレインの設定。エンジンはターボ過給されるユニットとしては、レッドラインまで気持ちよく吹け上がる。2000rpmをわずかに超える回転域から不満のないパワーを生み出し、高回転域まで活発さは失われない。

スコダ・スパーブ・エステート・スポーツライン・プラス(欧州仕様)
スコダ・スパーブ・エステート・スポーツライン・プラス(欧州仕様)

だがデュアルクラッチATは、ドライブのままでは充分にエンジンを活かせない。アクセルを踏み込みキックダウンを誘っても、適切な段数を選ぶのに少々時間がかかってしまう。

スポーツモードを選択すれば、ある程度改善はされるが、AT任せでは不要に回転数を高めに保つ傾向がある。そのかわり、低速域での変速はとてもスムーズにこなしてくれる。

それ以外、スパーブの良い面はそのまま。同価格帯として並ぶBMW 3シリーズ・ツーリングやアウディA4アバントと比べても、スコダの広々とした後席と荷室空間は明確な強み。ロンドンのワンルーム・アパートのクローゼットより広いかもしれない。

汎用性を重視した評価なら、必要なものがすべて詰まったクルマ、と表現しても違和感はないほど。プレミアムブランドを好む人なら、スコダの控えめなインテリアを見れば、アウディやBMWを選びたくなるはず。だが、スコダも作り込みは充分良い。

 
最新試乗記

人気記事