【2年で仕上げた期待の星】ボクソール(オペル)・コルサ1.2に試乗 PSA下で再設計

公開 : 2020.02.13 10:20

2年の期間で得られた大きな成果

ボクソールによれば、電子制御でのシャシーの安定性を大きく高め、コントロール性を改善させたとしている。確かに、新しいコルサはクイックでクリーンに走るものの、安定志向。コンパクトカーとして、バランスには優れている。

試乗車は16インチホイールを履いていたが、鋭い起伏もコルサは驚くほど丸くなだめられていた。足さばきは、もしかすると素晴らしい208よりも優秀かもしれない。英国の道で比較してみたいと思う。

ボクソール(オペル)・コルサ1.2 エリート(欧州仕様)
ボクソール(オペル)・コルサ1.2 エリート(欧州仕様)

サスペンションはスポーティな設定で、やや硬め。我慢するほどではないが、短いホイールベースとリアのトーションビームなりの乗り心地だ。でも、このクラスで見れば充分に良い。一方でブランドの鍵を握る有望モデルながら、4代目までのお値打ち感はなくなった。

スリリングなドライビング体験では、フォード・フィエスタの方がまだ優位性は保っている。同じクラスには、異なる操縦性を備え、個性の強いプジョー208という存在がある。ライバルたちを驚かせた、最新のルノー・クリオ(ルーテシア)も看過できないほど手強い。

それでも、極めて競争の激しいコンパクト・ハッチバックの中にあって、コルサは充分に良いバランスに仕上がっている。2年という短い期間でのリリースを考えると、大きな成果だといって良いだろう。

ボクソール(オペル)・コルサ1.2 エリートのスペック

価格:1万8990ポンド(271万円)
全長:4060mm
全幅:1765mm
全高:1435mm
最高速度:194km/h
0-100km/h加速:9.3秒
燃費:16.9-18.5km/L
CO2排出量:96g/km
乾燥重量:−
パワートレイン:直列3気筒1199ccターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:100ps/5500rpm
最大トルク:20.8kg-m/1750rpm
ギアボックス:6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記