【ホットハッチ越えた?】俊足クロスオーバーの実力を試す フォルクスワーゲンTロックR vs BMW M135i 前編

2020.02.15

サマリー

フォルクスワーゲンから登場した俊足クロスオーバーモデル、TロックRと、当代最高のホットハッチの1台であるBMW M135iの比較テストです。この2台のどちらがより高いドライビングプレジャーを与えてくれるのか、雨のウェールズを舞台に比べてみました。

もくじ

ホットなクロスオーバー
舞台は雨のウェールズ
純粋なスポーティさ
コートを着たゴルフR
見事なボディコントロール

ホットなクロスオーバー

4万5000ポンド(639万円)以下で購入可能な俊足クロスオーバーモデルの名をじっくりと考えてみて欲しい。

数々のモデルが頭に思い浮かぶだろう。

M135iのテールから除くエグゾーストパイプの数はTロックRの半分に留まるが、より多くのパワーを発揮している。
M135iのテールから除くエグゾーストパイプの数はTロックRの半分に留まるが、より多くのパワーを発揮している。

クプラ・アテカの名がすぐに出て来るだろうが、もう少し予算に余裕があれば、より大型のボディにツインターボディーゼルエンジンを積んだスコダ・コディアックvRSを手に入れることが出来る。

プレミアムなモデルがお好みならアウディSQ2とBMW X2 M35iが候補だ。

もう直ぐGLA 35も登場する予定だが、これでメルセデスAMGのラインナップ中、半数がクロスオーバーモデルになると聞けば、やや残念に思うかも知れない。

さらに、フォード・ピューマSTと日産の新型ジュークのニスモ・バージョンも登場が噂されており、この2台は、306psのパワーが公道上ではそのボディの大きさを「ミニ」だと感じさせるミニ・カントリーマンJCWのライバルとなるだろう。

そして、コンセプトのみで実際には登場することのないモデルというものも存在する。

かつてアバルトではアルファ・ロメオ4Cのエンジンを積んだ500Xのプロトタイプを創り出しており、プジョーはダカール・ラリーのウィニングマシンを思い起こさせる2008 GTiというモデルを検討していた。

業界の事情通ならこうしたプロジェクトの話は枚挙に暇がなく、その多くが実際の路上へとデビューしている。

つまり、いまこのホットなクロスオーバーというカテゴリーにはさまざまなモデルが登場しており、市場の求めに応じてその数はますます増え続けるだろうということだ。

だが、それが本当に必要かどうかというのは別問題だ。

舞台は雨のウェールズ

だからこそいまわれわれは、強烈な雨が降り続く1月のウェールズで、待避所のなかに立ち尽くしている。

今回ともにこの地を訪れたのが、われわれがもしかしたら史上最高の「お手頃な」ホットクロスオーバーかも知れないと考えるフォルクスワーゲンのニューモデル、TロックRだ。

M135iは先代に比べマイルドなモデルになると同時に気筒数もふたつ減らしている。
M135iは先代に比べマイルドなモデルになると同時に気筒数もふたつ減らしている。

そして、このクルマの存在が今回ウェールズへとやってきたふたつ目の理由へと繋がっている。

TロックRが真に卓越したモデルだとすれば、このクルマは四輪駆動システムを備えたいま最高のホットハッチの1台を打ち負かすことの出来る、初のホットなクロスーバーになれるのだろうか?

これまでのところ、その答えというのは常に「生きているうちには無理」というものだった。

そして、3週間前であれば、誠に遺憾ながらここで登場すべきは同門のゴルフRだったはずだ。

だが、すでにこのクルマはディスコンとなっており(TロックRが実質的な後継モデルと言えるかも知れないが、新型ゴルフRももうすぐ登場予定だ)、だからこそ、次に高く評価するBMW M135i xDriveを連れ出すことにしたのだ。

このクルマは英国版AUTOCARのテスターたちがメルセデスAMG A35よりも頻繁にそのステアリングを握るモデルでもある。

 
最新試乗記

人気記事