【流麗なクーペボディに306ps】メルセデスAMG CLA35へ試乗 走りはルックス通り

2020.02.15

ゴルフRより活発さを感じるCLA35

アダプティブダンパーをコンフォートにすれば、英国郊外の走行ペースに合わせても充分な柔軟性が得られる。固定式ダンパーのA35で感じた、低速域での不安定さが改善しているようだ。

高速道路では、ロードノイズがやや大きいものの、充分に快適な移動手段になる。それでも、フォルクスワーゲン・ゴルフRと比較しても、CLA35の方が衝撃の丸め方には少し角が残ってしまう。

メルセデスAMG CLA35クーペ(英国仕様)
メルセデスAMG CLA35クーペ(英国仕様)

そんな不満を街なかで感じつつ、郊外の開けた道へ出れば、メルセデスAMGの機敏な操縦性を味わうことができる。スポーツ・モードを選ぶと、CLA35のアダプティブダンパーは姿勢制御と柔軟性とがほどよく調和する。

ステアリングは少し重めだが、クイックに反応。確かな前輪のロードホールディング性を感じながら、自信を持ってクルマの向きを変えていける。

気持ちが燃え上がるような操縦性、とはいい過ぎかもしれない。だが、かなりシリアスなゴルフRと比べても、CLA35の方がさらにエネルギッシュに感じられるだろう。

見た目にそぐわない活発な走りのCLA35だが、同じ活発さはハッチバックのA35でも味わえることは覚えておきたい。荷室空間はハッチバックの370Lに対し、クーペは460Lで広い。しかし、大きく傾斜するルーフラインのおかげで、後部座席の空間が広いのは間違いなくハッチバックの方だ。

 
最新試乗記

人気記事