【最も美しいスポーツに乗る】ジャガーEタイプ、注意すべきポイントは? 英国版クラシック・ガイド

公開 : 2020.02.23 07:20  更新 : 2020.12.08 10:55

かつで世界で最も美しいクルマと評価されたスポーツクーペ、ジャガーEタイプ。しっかり良い車両を選べば、いまも運転を楽しむのに最適なクラシックカーとなるようです。注意すべきポイントなどを詳しく見てみましょう。

本来は手頃なクラシックカーとして楽しめる

text:Malcom McKay(マルコム・マッケイ)
photo:James Mann (ジェームズ・マン)
translation:KENJI Nakajima(中嶋健治)

 
ジャガーEタイプの価値が世界中で上昇している。初期モデルは信じられないほど過大評価され、それにつられてEタイプ全体でも値段が高くなってしまった。

高額に泣いた人もいるかもしれないが、市場全体で見ればまだ冷静さは残っている。本来、ジャガーEタイプは優れた操縦性を持ち、信頼性も悪くなく、手頃なクラシックカーとして楽しめるクルマだ。

ジャガーEタイプ・シリーズ1/1 1/2/2(1961〜1971年)
ジャガーEタイプ・シリーズ1/1 1/2/2(1961〜1971年)

当時のサルーンと部品を共有することで価格の上昇を抑えてあり、今でもスペアパーツは入手しやすく、高くもない。英国ではジャガーの専門店が、定番部品の改良にも励んでいる。

一方で本格的なレストアやボディの修復は高価になる。ジャガーEタイプはハンドメイドの部分も少なくない。出荷されたクルマのすべてが、まったく同一ということは新車時からなかった。

レストア前提のクルマは、自身で積極的に作業を楽しもうという場合を除いて、手を出さない方が良いだろう。そのぶん、価格も交渉で安くできることもあるが。

レストア作業で法外な金額を支払うケースも耳にする。とてもレアな車両だったり、完璧なオリジナルコンディションを目指すのでなければ、それほどの費用はかからないのが一般的。

1961年から製造の始まったジャガーEタイプ。既に製造から60年が経っている。30年間ハードに走り込まれたり改造されている状態では、さほど高い価値はない場合が通例。たとえ残りの30年間、ガレージや納屋に眠っていたとしても。

爽快そのもののドライビング体験

Eタイプの場合、改造やアップグレードは一般的。利便性を向上させる内容もあるとはいえ、大抵はクルマとしての価値に影響を与える。もとの仕様がわかっていて、どんな変更が加えられたのか、確認できるものが良いだろう。

1980年代には、最初期のフラットフロア構造に作り変えるケースもあった。何年までフラットフロアだったのか、多くの人が知らないことが原因。そのような改造は、もとに戻す必要がある。

ジャガーEタイプ・シリーズ1/1 1/2/2(1961〜1971年)
ジャガーEタイプ・シリーズ1/1 1/2/2(1961〜1971年)

近年のオークションでは、初期モデルが希少性から重視され、値段も上がりやすい。しかしジャガーは快適性や扱いやすさ、実用性を高めるために変更を加えていたため、全般的に年代が新しいほど乗りやすくなっている。日常的に楽しめる機会も増えるはず。

ヘッドライトカバーは評価が分かれるところだし、2+2のルックスも好みが分かれる。だが、一般的なドライバーにとってEタイプはどれもEタイプ。内容的には2+2のシリーズ2が、最も快適で実用的なEタイプであるといえる。

初期のロードスターの値段上昇は留まるところを知らない。だが、遥かに手頃な価格で、ジャガーEタイプの運転を楽しむことも不可能ではない。

適切に手入れされたジャガーEタイプは、タイトで、上質で速い。長く彫刻的なボンネットが前方に伸び、ドライビング体験は爽快そのもの。運転の喜びを味わうのに不足のない、パフォーマンスとハンドリングを備えている。しっかり整備していれば、信頼性も高いといって良い。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
×