【どんなクルマが、どこで売れている?】世界の市場 カテゴリー別新車販売実績 2020年はどんな年に?

2020.05.30

超高級車市場:ロールスが好調

超高級車ブランド7社は合計で3万5454台の新車販売を記録しており、平均的な新車価格を25万ポンド(3589万円)と控え目に見積もっても、その合計金額は約88億ポンド(1263億円)に達している。

ランボルギーニとロールス・ロイスはそれぞれ新型SUVモデルが好調な一方、ヴァンテージとDBSスーパーレッジェーラの2台の新型モデルと投入したアストン マーティンでは年間販売台数5000台越えを達成している。

SUVの台頭は続く
SUVの台頭は続く

一方、サルーンモデルの不調が響いたベントレーは販売台数を落としているが、今年は新型フライング・スパーがこの傾向に歯止めをかけることになるかも知れない。

SUVの台頭は続く

昨年1年間でなんと2800万台ものSUVが販売されているが、2018年の6%という伸びに比べ、2019年の成長率はわずか1%に留まっている。

「SUVとは自動車メーカーにとって麻薬のようなものです。販売台数と利益には貢献しますが、同時に平均CO2排出量の面では負の影響を及ぼすことになります」と、ムニョスは話す。

高級電動SUV市場:Iペイス vs eトロン vs EQC vs モデルX

テスラ・モデルXがわずかに新型アウディeトロンを販売台数で上回ったが、eトロンが勢いを増す一方でモデルXが新鮮味を失っていくことを考えれば、2020年、eトロンがトップの座を奪う可能性が高いだろう。

 

人気記事